ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 周南市議会 > 市議会のしおり > 市議会のしくみ > 市議会のしくみ(議会のしおり)

市議会のしくみ(議会のしおり)

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

 

市議会のしくみ

1.議員

市議会議員は、4年ごとに市民の皆さんの選挙によって選ばれます。市内に住んでいる満25歳以上の選挙権のある人なら、だれでも立候補できます。

市議会議員の定数は30人で、現在29人です。

2.議長と副議長

議長と副議長は、議員の中から選挙で選ばれます。
議長は議会の活動を主宰し、議会を代表する者で、議会構成上欠くことのできない重要な地位にあります。
議長は、「議場の秩序を保持し、議事を整理し、議会の事務を統理し、議会を代表する」権限を有しています。(地方自治法第104条)
副議長は、議長が病気や出張などで不在の時に、議長の代わりを務めます。

3.会派

自分たちの考えを市政に反映させるため、所属政党や市政に対する考えや意見を同じくする議員が集まって会派が構成されます。
現在、7会派が構成され、議員活動が行われています。

4.議会事務局

議会の仕事をスムーズに進めるために、事務局が設置されています。
職員数は、周南市職員定数条例により10名となっており、2担当体制で配置されています。
事務局は、庶務・経理をはじめ、本会議・委員会の事務、会議録の作成、議員活動に関する調査研究と資料の収集などを行っています。

議会事務局の構成

局長

1名

次長

1名

次長補佐

1名

議事担当
会議事務に関すること

係長1名、係員4名

庶務調査担当
庶務、調査・経理全般に関すること

係員2名