ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

募集終了【地域づくり推進課】市民センター所長を募集します

印刷用ページを表示する更新日:2020年1月10日更新 <外部リンク>

募集人数

10名程度

募集期間

令和2年1月10日(金曜日)から令和2年1月24日(金曜日)まで

職種

一般事務(市民センター所長)

業務内容

市民センター管理運営の統括

 市民センターの管理運営業務

 ・地域活動の支援

 ・講座の企画運営

 ・施設管理等

任用期間

令和2年4月1日から令和3年3月31日まで

就業場所

市内市民センター10ヶ所

※周陽、秋月、遠石、岐山、中央地区、今宿、櫛浜、粭島、四熊、小畑

始業、就業の時間および休憩時間

8時30分から17時15分のうち、下記のシフトでの勤務

 A 8時30分~17時15分(うち休憩1時間)

 B 8時30分~12時

 C 13時~17時15分

 ※講座や地区行事により、夜間など上記以外の時間帯の業務が生じる場合があります。

1週間あたりの勤務日数および休日

・勤務日数:日曜日から土曜日の間で2.5日

 (上記シフトのAを2回、BまたはCを1回)

 ※勤務の割り当てのない日は週休日とします。

 ※シフト勤務のため、勤務する曜日が週ごとに異なります。

 ※基本的に平日を勤務日としますが、講座や地区行事により、土日、祝日に勤務が生じる場合があります。

・休日:祝日および年末年始(周南市会計年度任用職員の勤務時間、休暇等に関する規則に基づく)

休暇

周南市会計年度任用職員の勤務時間、休暇等に関する規則に基づく

報酬・諸手当(手当相当額)

報酬:時給951円

諸手当(手当相当額):通勤手当、地域手当、時間外手当が該当

所定労働時間を超える労働の有無

有り

社会保険・労働保険等

・健康保険(介護保険該当者は介護保険を含む)、厚生年金保険及び雇用保険の適用はなし

・公務上の負傷又は疾病については「労働者災害補償保険法」を適用する。ただし、同法が適用されないときは「山口県市町総合事務組合非常勤職員公務災害補償等条例」を適用する。

応募資格

・普通自動車運転免許を持つ人

・地域づくりや生涯学習活動に関心がある人

応募方法

地域づくり推進課へ応募用紙または履歴書と作文を持参または郵送(締切日必着)

   応募用紙(市民センター所長用) [PDFファイル/179KB]

【作文について】

 文字数:400文字程度で記入すること

 テーマ:「市民センター職員として、利用者や地域の人のためにやってみたいこと」

選考の方法・内容

・作文(応募時に提出)

・個人面接(面接時期:2月3日(月)を予定)

その他特記事項

・配置は、1年間同じ施設に勤務

・配置は採用決定時に通知

・配置希望の市民センターがある場合は、応募用紙または履歴書に記載すること

問合せ先 担当課

周南市岐山通1-1

地域づくり推進課 市民センター担当

 電話 0834-22-8296

その他留意事項

※地方公務員法第16条に該当する以下の人は応募できません。

1 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人

2 当該地方公共団体において懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人

3 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

※会計年度任用職員は、地方公務員法第22条第1項に規定する一般職の地方公務員であり、地方公務員の服務に関する規定が適用されます

※選考に関する申し込み書類等は返却しません

※任用から1か月(1か月の勤務日が15日に満たないときは15日)は条件付採用期間となります。条件付採用期間を良好な成績で勤務したときに正式採用となります。

※兼業の制限は原則としてありませんが、職務専念義務に支障をきたすような長時間労働を避ける等必要な対応を取るため兼業の状況について確認を行います。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)