ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

エコな料理の段取り術実施報告11月16日

印刷用ページを表示する更新日:2019年11月28日更新 <外部リンク>

11月16日エコな料理の段取り術実施報告

令和元年11月16日(土曜日)に周南市環境館において、エコな料理の段取り術「食品ロスを減らすヒント」を開催しました。

イベントの目的

食品ロスとして、私達の家庭から毎日お茶碗1杯分の食べ物が捨てられています。年間にすると約643万トン。食品ロスを減らすために私達に出来る事は、必要な分だけ購入する。食べられる量の料理を作るなどちょっとした配慮で食品ロスの削減が出来ます。この講座では食品ロスの現状を周知し、食材を無駄にせず、使い切る段取りや食べきる調理法を紹介させて頂きました。

捨てるものは宝物~ベジブロス~

ベジブロスとは野菜の切れ端やくずなど捨ててしまうものを煮て、うまみを取り出した「だし(出汁)」です。にんじんや玉ねぎのへたや皮など捨ててしまう部分には、豊富な栄養素が残っています。おいしい「だし」の作り方と活用方法を講師の先生に教えて頂きました。

講師の先生の説明の写真講師の先生の説明の写真ベジブロスの写真みそ汁と白あえの説明の白板

ベジブロスを入れた味噌汁はいつもより深みが増していました。ブロッコリーの白和えも美味しかったです。

大根を1本まるごと使ったレシピ

大根の料理の説明の白板出来上がった料理の写真

大根の部分に適した料理を教えて頂きました。この後みんなで試食しました!