ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第16回エコフェスタ実施報告2月16日

印刷用ページを表示する更新日:2020年2月21日更新 <外部リンク>

第16回エコフェスタ実施報告

令和2年2月16日(日曜日)に周南市環境館において、第16回エコフェスタを開催しました。

エコフェスタとは

エコフェスタは毎年2月と8月に開催していて、まだ使える家具などの抽選会や、ごみのリサイクルを楽しみながら知ってもらえるよう開催しています。

今回は380名の方々の参加のがありました!

実施した内容

新聞紙で作ってみよう(エコバッグ、ごみ箱、防災グッズ、空き缶リメイク)

プラスチック製品の代わりに新聞紙を活用することで、環境汚染のプラスチックごみを減らすことができます。

今回はエコバッグ、ごみ箱、防災グッズ、空き缶リメイクのブースを用意しました。

エコバッグを新聞紙で作れるなんてすごいですよね。

作った新聞紙のごみ箱を机の上や台所に置いたり、活用の場はいっぱいありますね。

新聞紙のエコバッグを作っている写真エコバッグの写真新聞紙でごみ箱を作っている写真

防災グッズコーナーでは、新聞紙でスリッパを作り、それと、マスクをキッチンペーパーと輪ゴムで作りました!いざというときに知っているとすぐに作ることが出来、市販で不足していても自分で作ることが出来るので、便利です。

空き缶リメイクはカラフルに塗った缶を新聞紙や使用済み切手などでかわいく、かっこよくリメイクしました。自分の手作りだとより物を大切にしたくなりますね。

防災グッズを作っている写真リメイク缶をデコレーションしている写真リメイク缶完成写真

スタンプラリー(発電体験、ストライクゾーン、竹とんぼ作り、クラフトパッカー車)

スタンプラリーでは発電体験、ストライクゾーン、竹とんぼ作りを楽しんでクラフトパッカー車を作っていきました。

発電体験では電気を作る大変さ、竹害問題のある竹で作る竹とんぼ、丸めた新聞紙をボールにして牛乳パックで作ったサークルの中へ投げて遊ぶストライクゾーン。工夫をしたら身近な物でいろいろ遊べますね!

そして今回のクラフトパッカー車は走れるように車輪をつけました。

発電体験の写真竹とんぼ作りの写真クラフトパッカー車作りの写真クラフトパッカー車の写真

パッカー車・空き缶プレスカー展示

ごみ袋をパッカー車に入れたり、パッカー車の座席に座ってみたり、普段、なかなかできない体験をしてもらいました。何気なく通っているごみ収集の車が少しでも身近に感じてもらえたら嬉しいです。

空き缶プレスカーは実際に空き缶がどのようにつぶされて、どのような形になるのかを実際に見てもらいました。

パッカー車にごみを投げる子供の写真パッカー車に乗る体験の写真空き缶プレスカーの写真

ごみ処理施設の見学

リサイクルプラザペガサスで、どのようにごみ処理をしているか、見学コースにて説明をさせて頂きました。興味がある方は普段でも視察見学できますのでお気軽に環境館へお越しください。

再生自転車の展示販売

新わらしべ会が壊れてしまった自転車を直して、安く販売してくださいました。普段は水曜日に環境館にて活動されていらっしゃいますので、こちらもお気軽にどうぞ。

展示

海洋汚染や食品ロスなど今私たちの前に様々な環境問題が立ちはだかっています。環境を題材にしたテーマの新聞紙の切り抜き、今回のテーマの新聞紙について記事をまとめて展示しました。環境問題を一人でも多くの人に知ってもらい、一緒に住みよいまちづくりをしていきましょう。

リユース品抽選会

本日のメインと言っても過言ではない、まだ使用できる家具やおもちゃなどの抽選会。今回はとても素敵なイスやテーブル、置物や健康器具などがいっぱいありました。必要な人に使って頂き、とてもありがたいです。

投票がなかった品物は、しゅうぞうくんとじゃんけんをして持ち帰って頂きました!

リユース品抽選会の写真リユース品抽選会の写真リユース品抽選会の写真

今回とてもたくさんの方々に来て頂き、本当にありがとうございました。

次回も楽しんで頂けるように頑張りますので、8月のエコフェスタもぜひお越しください!