ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長と話そう。共に。カフェ > これまでの実施状況 > 共に。カフェ 平成29年度実施状況(第8回成人式実行委員会)

共に。カフェ 平成29年度実施状況(第8回成人式実行委員会)

印刷用ページを表示する更新日:2018年1月5日更新 <外部リンク>

平成29年度第8回「共に。カフェ」の様子

  笑顔の参加者①  笑顔の参加者②  笑顔の参加者③
 

笑顔の出席者④   笑顔の参加者⑤    笑顔の市長

成人式への出席

参加者A 私は、地元から離れて暮らしていたため、地元の成人式に出席していません。市長は東京にいらっしゃいましたが、成人式に出席されましたか?笑顔で参加者に語りかける市長

市長 出席できませんでした。私が学生の頃は、新幹線は岡山駅までしか開通していなかったので、山口~東京間の移動には時間がかかり、簡単に帰省することができませんでした。今は、新幹線が停車する徳山駅があるので、遠くに住んでいても気軽に帰省でき、周南市の成人式には参加しやすくなりましたよね。それに、工夫を凝らした企画も用意されていて、今の若者は楽しくて立派な式に参加できて羨ましいです。

周南市をPRするための工夫

参加者B 昨年度から、出席者に喜んでもらいたいとの想いから周南市の特産品が当たる抽選会を始め、今年は、その想いに加えて、周南市のPRに繋がる景品も増やしたいと考え、市内企業に景品提供をお願いしました。テーブルを囲み語り合うカフェの全景①
市長は、成人式で周南市をPRする際、どのように工夫をすれば良いと思われますか?

市長 私は、出席者に地元にも魅力的な働く場があることを知ってもらい、定住やUJIターンを促すことも手法の1つかと思います。例えば抽選会でクジを引き上げる前に地元企業をPRする時間を1分程度入れるなどの工夫も考えられますよね。「故郷に錦を飾る」という諺がありますが、私は「生まれ育った周南市で錦を織る」若者も増えてほしいと思っています。Aさんは故郷に帰る予定ですか?

参加者A 私は長男なので、いずれは故郷に帰ろうと思っています。

市長 Aさんは責任感が強いですね。現在は「長男だから」といった考え方が薄くなり、性別や生まれてきた順番には左右されず、自分が持つ能力を存分に発揮できる時代ですよね。そういった中で「長男だから故郷に帰る」と考える息子さんがいて、ご両親さんは喜んでおられると思います。

周南市の魅力

参加者C 先程のBさんの質問に関連しますが、たくさんある周南市の魅力のうち、何を若者に伝えたいですか?

市長 周南市には、全国で第1位のものや、先進的な取組みがあります。これらを知ってもらい、まちに誇りを持っていただきたいと思います。

笑顔で話す参加者例えば、本市だけでなく山口県の「富の源泉」でもある周南コンビナートの石炭火力自家発電設備の発電能力は日本一です。その安価で安定供給できる電力を「徳山駅前賑わい交流施設」や「市役所新庁舎」で活用する取組みは、コンビナートと中心市街地が近いという周南市ならではの、全国でも類を見ない事業です。

また、コンビナートで生産される水素を活用した実証実験なども、本市ならではの取組みです。その他にも「向道ダム」が日本で最初の多目的ダムであることなど、皆さんに知られていないことがあります。

まちづくりでは、国土交通省から「コンパクト・プラス・ネットワーク」に取り組むモデル都市として全国10市のうちの1市に選ばれ、また、日経BP総研の「シティブランド・ランキング 住みよい街2017」では県内第1位でした。

その他にも、国や県から表彰を受けられた地域団体やまちづくり会社などが実施されている、全国に誇れる取組みはたくさんあります。こうしたものを、市民の方にも、市外で暮らす出身者の皆さんにも知っていただきたいです。

写真の撮影

参加者D 成人式の会場には、思い出の写真を撮ってもらおうと「撮影スポット」を用意しています。市長はSNSを活用して楽しさが伝わってくる写真を発信されておられますが、出席者が「撮影スポット」を楽しんで使っていただけるための仕掛けなどについて、アドバイスをいただけませんか?

市長 撮影時に笑顔を引き出すよう、工夫すると良いと思います。そのためには、リラックスできる空間づくりが大切ですよね。笑顔で話す参加者とそれを聞いて笑う他の参加者達

参加者D 今回も、フォトフレームを用意しています。

市長 フォトフレームを使うと、写真が映えますよね。合わせて、「ネコ耳」や「口髭」などの小物があれば、撮影時に盛り上がると思います。

参加者C Dさんが小物を付けたり、コスプレをしてカメラを向けると、みんな笑顔になって良い写真が撮れると思います(笑)

市長 それは良いアイデアですね(笑)

フォトスポット

参加者の話を聞いて笑う市長と他の参加者市長 周南市で、「インスタ映え」するフォトスポットを教えてください。

参加者E 工場夜景です。工場夜景を背景にしてシルエットだけ撮るとオシャレだと思います。

参加者D 漢陽寺の落ち着いた雰囲気が好きです。

参加者B 親水公園や周南大橋も良いですね。

緊張を解く方法

参加者E 私は、人前で話す時に緊張しますが、成人式では司会に挑戦します。緊張を克服するコツを教えてください。参加者の話を聞いて笑う市長

市長 人前に立つ前に、手のひらに「人」という字を3回書いて飲み込む!

参加者C 古典的な“おまじない”ですね(笑)

市長 気持ちが落ち着くように、自分自身の“かたち”をつくることが大切ですよね。本番前に口角を上げて笑顔をつくるなど、自分に合う“かたち”を探してください。

これからの農業

市長 皆さんは、本当に元気ですね。

参加者C 時間がある時は、父と一緒に祖父の酪農の仕事を手伝っています。

市長 酪農も、6次産業化など新たな展開があり、知恵や柔軟な発想が求められる産業ですよね。「道の駅ソレーネ周南」のソフトクリーム屋さんは、酪農家が経営されています。最近では中心市街地に2号店を出店されました。テーブルを囲み語り合うカフェの全景②

その他にも、野菜や果物などの新規就農者で活躍をされている若者もたくさんいらっしゃいます。周南市では、「技術研修」「農地の確保」「機械・施設整備」「住宅の確保」をパッケージにして支援していますので、農業に興味のある方には是非とも利用してほしいです。

最後に

市長 本日は、成人式の準備でお忙しい中「共に。カフェ」にご参加いただき、そして、いろいろな意見や想いを聞かせていただき、ありがとうござました。
成人式には、私も出席させていただきます。皆さんがこれまでコツコツと築き上げてこられた企画などを楽しみにしています。

集合写真