ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 市長の部屋 > 市長随想 > 平成30年広報掲載分 > 平成31年は(平成31年1月号)

平成31年は(平成31年1月号)

印刷用ページを表示する更新日:2019年1月1日更新 <外部リンク>

これまでに蒔いてきた種が次々と芽吹き、昨年は、徳山駅前図書館オープンを始めとして、まちが大きく動き出しました。
今年は、この流れを加速させる年です。
3月には、防災情報収集伝達システムが供用を開始します。これにより、幾重にもカバーされた方法で、市からの情報提供だけでなく、災害時に行政と市民間で、互いに情報をやり取りすることができます。
また、徳山動物園では、2頭のゾウが新居に引っ越します。繁殖まで考えた設計になっており、ベビー誕生が待たれるところです。

4月からは、熊毛地区の燃やせるごみが、市内の他地区と同様に、恋路クリーンセンターで処理されるようになります。

5月には、シビックプラットフォーム棟も完成し、前庭に160台分の駐車場を持つ市役所新庁舎がグランドオープンします。

全ての中学校にエアコンの設置が完了し、引き続き小学校にも快適学習空間を提供できるよう計画を進めます。
鹿野総合支所については、利便性などを考慮し、医療や福祉の拠点である、コアプラザかのへの移転計画を進めます。
JR新南陽駅では、公衆トイレや駐輪場、バリアフリー化など、環境整備に取り組みます。
長く工事が続いていた徳山駅北口の駅前広場も、オシャレな空間に変わります。
まだまだ書き切れないほどいっぱいで、期待膨らむ新年です。

本年もよろしくお願い致します。