ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
公共施設再配置計画策定の取り組み
公共施設再配置の啓発
視察の受け入れ

和田地域モデル事業

印刷用ページを表示する更新日:2018年6月15日更新 <外部リンク>

最新情報

和田地域モデル事業に関する協議会(第4回~第6回)を開催しました。

和田地域モデル事業に関する協議会を平成30年2月16日(第4回)、4月12日(第5回)、5月8日(第6回)に、それぞれ和田公民館(4月以降は「和田市民センター」)で行いました。

前回の協議会(10月12日、第3回)では、和田地域の「高瀬」「和田(垰・夏切)」「米光」「馬神」4エリアの中から、新しい支所・公民館は「和田(垰・夏切)」での整備を最優先に検討することが決まりました。

その後、平成29年11月には、地域住民の方を対象に和田地域の公共施設に関するアンケートを実施し、その結果を踏まえ、第4回から第6回にわたる協議会において「高瀬」「和田(垰・夏切)」「米光」「馬神」のそれぞれのエリアにある公共施設の今後の方向性について話し合いを行いました。

今後は、和田地域にある公共施設で、新しい支所・公民館を軸として、集約化や複合化が図れる施設がないかといったことを検討してまいります。

和田地域モデル事業かわら版第4号

和田地域かわら版第4号 [PDFファイル/3.23MB]

これまでの取り組み

和田地域モデル事業に関する第3回協議会を開催しました。

平成29年10月12日木曜日の18時30分から和田地域モデル事業に関する第3回協議会を行いました。
今回は、前回確認した、和田地域の現状・課題や地域の将来像を踏まえ、新しい支所・公民館を整備する候補エリアの決定を議題として進めました。
和田地域を大きく4つのエリア(「高瀬」「和田(垰・夏切)」「米光」「馬神」)に分けて、どのエリアが支所・公民館の整備エリアとして適しているか、グループワークによる意見出しと発表を行い、投票の結果、第1候補として和田エリア(垰・夏切)、第2候補として米光エリアが選ばれました。
今後は、和田エリア(垰・夏切)に新しい支所・公民館を整備することを前提としながら、和田地域全体の公共施設再配置について検討してまいります。

第3回協議(グループワーク)の様子第3回協議(グループワーク)の様子第3回協議(グループワーク)の様子

和田地域かわら版第3号 [PDFファイル/495KB]

和田地域モデル事業に関する第2回協議会を開催しました。

平成29年8月3日木曜日の18時30分から和田地域モデル事業に関する第2回協議会を行いました。
まず、和田地域モデル事業ではどのような項目について検討をしなければならないのか、どのような流れで進めていくのかについて、改めて説明させていただきました。
その後、市からは、和田地域の人口の将来推計や公共施設の現状と課題について説明を行いました。プロジェクトWからは、和田地区「虹色☆夢プラン」の作成の中で地域の皆さんが話し合った地域の現状と課題や地域が目指す方向性について説明を行っていただき、プロジェクトWと市で認識の共有化を図りました。

和田地域モデル事業 第2回協議の様子

和田地域かわら版第2号 [PDFファイル/168KB]

 

和田地域モデル事業に関する第1回協議会を開催しました。

平成29年7月6日木曜日の18時30分から和田地域モデル事業に関する第1回協議会を行いました。
話し合いでは、まずは参加者一人ひとりの簡単な自己紹介と、和田の里作り推進協議会の部会長の挨拶を行いました。
その後、市から「公共施設再配置モデル事業とは何なのか」、「モデル事業の意義」、「検討項目や大まかな流れ」について説明を行いました。
意見交換では、市と地域のお互いが疑問に思う点について、話し合うことで認識の共有化を図ることができました。

和田地域モデル事業第1回協議の様子

和田地域かわら版第1号 [PDFファイル/271KB]

 

平成29年6月9日和田地域モデル事業に関する地域説明会を行いました。

公共施設再配置のモデル地域である和田地域において、平成29年6月9日金曜日の18時30分からモデル事業に関する地域説明会を行いました。
和田地域は、地域の拠点施設である支所・公民館が

  • 老朽化している
  • 耐震性がない
  • 建物が土砂災害特別警戒区域にかかっている(和田公民館は警戒区域)

ことから、長穂地域とともに公共施設再配置のモデル地域に選ばれています。
この日は、平日の夜にもかかわらず、41名もの地域の皆さんが参加され、「なぜ、公共施設再配置に取り組まなければならないのか」、「公共施設再配置モデル事業とはどのようなものか」の説明に熱心に耳を傾けておられました。
今後は、『和田の拠点づくり「プロジェクトW」』を中心に話し合いを進め、和田地域モデル事業に本格的に取り組んでいくこととなります。
※和田の拠点づくり「プロジェクトW」とは、和田地域のコミュニティ組織である「和田の里づくり推進協議会」に設けられた、公共施設再配置に取り組むプロジェクトチームです。
説明会の様子

説明会資料 [PDFファイル/3.26MB]※配布資料の一部抜粋です。
和田地域データブック [PDFファイル/1.82MB]

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)