ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 人材育成・人事制度

人材育成・人事制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年2月27日更新 <外部リンク>

人材育成・人事制度を紹介するバナー画像です

 人材育成

周南市では、「周南市人材育成基本方針(改訂版)」に基づいた人材育成を行っています。
 

めざすべき職員像

市民目線と幅広い視野から 目標を掲げ 責任をもって達成する職員
 

めざすべき職場像

理想の組織=「周南市役所は人が育つ組織」
共に育み 職員一人ひとりの能力や知恵を結集し 組織力を発揮できる職場



 

 研修制度

本市では、研修の基本として「自己啓発」、中心として「職場研修(OJT)」、補うとして「職場外研修(OFF-JT)」の3つを柱として位置づけ、実効性のある研修を実施します。
 

自己啓発

 職務遂行に必要な知識、技能、姿勢等の修得のために意欲的に研修に取り組み、その成果を職務に
反映させるよう努めることが求められます。
また、職員が自己啓発の必要性を認識するきっかけづくりや情報提供を行い、自己啓発に取り組みやすい環境づくりに努めます。
 

職場研修(OJT)

職場研修(OJT)は職場における人材育成であり、職員の学びの場・成長する機会として人材育成の中心となります。
各職場が「職場での人材育成」を業務の柱のひとつとして認識するよう、職場全体でOJTを行う仕組みづくりを進め、「人が育つ組織風土」を醸成します。
 

職場外研修(OFF-JT)

職員が業務の専門性を高め、多様化する行政ニーズに応えるとともに、職務段階に応じたキャリア形成を計画的に行う職場外研修を実施します。

 
階層別研修すべての職員が職責に応じた能力を身に付け、その力を業務の中で発揮し、役割を果たしていくために、各階層に求められる役割と能力に応じた研修を実施します。
専門研修実務に即した知識・技能の習得により、専門的な能力開発や職員の資質向上を図ります。
特別研修人権や男女共同参画、協働意識、交通安全など関係各課や機関との連携協力のもと、職責に関係なく業務を遂行するうえで必要な知識・能力の向上を図ります。
派遣研修
 
幅広い視野と新しい発想の観点に立ち、職場では身につかない専門的な知識・技術や経営感覚を備えた人材を育成するために、国、山口県などへの実地研修派遣や、自治大学校や市長村アカデミーなどの公的研修機関への派遣研修を行います。

人事制度

異動・配置

採用後10年程度は、窓口サービス部門・事業部門・管理部門等をまんべんなく経験させるジョブローテーションを実施し、職員の能力や適性を生かし、様々な経験を積むことで、長期的な視点から人材育成を行っています。
また、本人の意欲や希望を尊重した人事配置を行う「自己申告制度」を実施しています。

人事評価制度

職員がその職務を遂行することに当たり、発揮した能力及び挙げた業績を公正に把握・評価することにより、職場のコミュニケーションの円滑化を図り、職員一人ひとりの能力を引き出し、育て、活かして、組織の活性化を目的とした人事評価制度を実施しています。