ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こども あさごはん ちゃれんじ

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月11日更新 <外部リンク>

毎年6月は食育月間、毎月19日は食育の日、共に進めよう周南市の食育

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」
“共に”進めよう 周南市の食育

こどもあさごはんちゃれんじ

 「こども あさごはん ちゃれんじ」とは? 

しゅうなんスマートライフチャレンジ(健康寿命を延ばす市民運動)のチャレンジの一つとして
平成27年度より実施しています。こどもが望ましい食習慣や食行動を身に付けることを目的に、
三色食品群を用いて、栄養バランスがよい朝ごはんを食べることに7日間チャレンジします。
園を通して実施し、対象は主に年長児としておりますが、資料をダウンロードしていつでも誰でも
チャレンジできます。

更新情報

更新日内容
平成29年8月31日

市内42園、1,306人の園児が一斉チャレンジに参加しました。

一斉スタートチャレンジ結果を公開します。

 どうやる?チャレンジ!

いつでもチャレンジと一斉チャレンジがあります。

 いつでもチャレンジ

下記をダウンロードしてご利用ください。
取り組まれた感想を下記のアドレスにお聞かせください。
Eメール:kenkozo@city.shunan.lg.jp

媒体名媒体画像

チャレンジカード

達成できたら色を塗ったり、シールを貼ったりしましょう。

※使い方はカードに記載しております。

ちゃれんじカードチャレンジカード [PDFファイル/13.7MB]

三色食品群チェック媒体

赤、黄、緑の食べ物がそろっているかを楽しく確認できます。

家庭科の学習指導要領に基づき、海藻は赤色、とうもろこしは緑色に分類しておりますが、着目する栄養素によっては海藻は緑色、とうもろこしは黄色に分類されることもあります。

ポップ

家庭用三色食品群チェック媒体ポップのダウンロードはこちら [PDFファイル/829KB]

ポスター

三色食品群分類ポスターポスターのダウンロードはこちら [PDFファイル/605KB]

 一斉スタートチャレンジ

  期間限定で取り組むチャレンジです。
  市内の保育所、幼稚園、児童園を通じて実施します。

 実施期間

  平成29年6月16日から6月22日 ※平成29年度の一斉スタートチャレンジは修了しました。

 

 一斉スタートチャレンジ結果

 市内42園に通園する園児1,306人がチャレンジに参加しました。
うち1,243人が、家庭で三色食品群がそろった朝ごはんを食べることに7日間チャレンジすることができました。

 チャレンジカードを提出された園に王冠 をつけています。
その中でも、全園児がチャレンジカードを提出された園には、大きい王冠をつけています。

チャレンジ参加園

あい保育園新宿通王冠愛光幼稚王冠大内保育園王冠大河内幼稚園王冠
王冠勝間保育園鹿野保育園王冠鹿野幼稚園王冠川崎保育園王冠
菊川保育園王冠菊川幼稚園王冠共楽保育園王冠櫛浜保育園王冠
こもれび保育園王冠桜田幼稚園王冠周央保育園王冠城ケ丘保育園王冠
周南小さき花幼稚園王冠尚白保育園王冠須々万保育園王冠須々万幼稚園王冠
荘宮寺保育園王冠すみれ保育園王冠第二保育園王冠小さき花幼稚園王冠
遠石保育園王冠徳山中央保育園王冠徳山中央幼稚園王冠徳山めぐみ幼稚園王冠
富田幼稚園王冠富田東幼稚園王冠富田南保育園王冠長穂児童園王冠
中須保育園王冠南陽幼稚園王冠ひまわり保育園王冠福川保育園王冠
福川南幼稚園王冠三丘保育園王冠明照幼稚園王冠米光保育所王冠
蓮生・まこと幼稚園王冠わかやま保育園王冠  

(五十音順)

三色食品群がそろった朝ごはんを食べることができた日数

  51%の園児がチャレンジを達成することができました。

チャレンジ達成率70%以上の園

  鹿野幼稚園、城ケ丘保育園、長穂児童園、米光保育所(五十音順)

参加者の声(チャレンジカードより抜粋した保護者の感想)

   子供が、いつもより喜んでよく食べた
  子供が、苦手なものに自ら挑戦できた   
  子供と一緒にゲーム感覚で盛り上がった 「赤、黄、緑の全色コンプリート」
  これからも続けたい
  家族で栄養バランスを意識することができた
  簡単そうだったけれど、なかなか難しかった

 

市管理栄養士からのメッセージ

食育をはじめるなら幼児期がチャンスです!
3つの色の食べ物をそろえて、栄養バランスのとれた食事をしましょう。

食育は親ができる子供への最高のプレゼントです。
三色食品群と食事バランスガイドの関係についてはこちらをご覧ください。
農林水産省/栄養素と食事バランスガイドとの関係<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)