ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

土砂災害特別警戒区域内の既存建築物改修補助制度

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月27日更新 <外部リンク>

土砂災害特別警戒区域内の既存建築物の改修を支援します。

制度の概要

土砂災害特別警戒区域内の住宅・建築物の安全性の確保を目的として、その区域内の既存建築物のうち、土砂災害に対する構造耐力上の安全性を有していないものに対し、改修費用の一部を補助する制度です。

補助の内容

1.対象住宅・建築物

次のすべての要件に該当する既存建築物

  • 市内の土砂災害特別警戒区域内にあるもの
  • 建築基準法の違反がないもの
  • 居室を有するもので、土砂災害に対し安全な構造でないもの

2.対象工事

土砂災害に対して安全な構造となる改修工事

3.補助の額

ア.補助率

改修工事費の23%

イ.補助対象限度額(改修工事費の上限)

330万円

ウ.補助限度額

75万9千円

4.募集戸数

1戸

5.申込期間

令和元年6月24日(月)から令和元年12月27日(金)

6.その他

ア.申請前に、あらかじめ建築指導課と協議を行い、申請に係る必要事項などを確認してください。

イ.補助金の交付の決定前に、土砂災害対策改修工事の契約をしないでください。(先に契約されたものは、補助の対象外となります。)

要綱等

土砂災害警戒区域の指定

土砂災害特別警戒区域等は、「山口県土砂災害ポータル(外部リンク)<外部リンク>」からご確認いただけます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)