ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

路外駐車場設置届

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月1日更新 <外部リンク>

都市計画区域内において、自動車の駐車の用に供する部分(駐車マスの合計)の面積が500平方メートルを超える路外駐車場を設置し、その利用について駐車料金を徴収しようとする者(月極・専用駐車場部分は除く)は、あらかじめ駐車場の位置、規模、構造、設備その他必要な事項を市町に届け出ることが義務付けられています。

路外駐車場とは

道路の路面外に設置される、一般公共の用に供する(不特定多数の方が利用する)駐車場をいいます。
一般的な時間貸し駐車場だけではなく、商業施設や病院等の駐車場についても該当する場合があります。
例えば、駐車場の出入口で管理人等が一般の利用を排除しているなど、厳密に当該建物の利用者のみに限定されている場合は該当しません。

注意事項

自動車の駐車の用に供する部分の面積が500平方メートル以上の路外駐車場は、駐車料金の徴収に関わらず、駐車場法による技術的基準を満足する必要があります。

添付書類

届出様式

位置図

地形図等に路外駐車場の位置を表示願います。

平面図

次に揚げる事項の表示をお願いします。

イ)路外駐車場の区域
ロ)路外駐車場の自動車の出入り及び入口、自動車の車路、その他の主要な施設(建築物の内部にあるものは除く)
ハ)路外駐車場の付近の道路、並びにその道路内の駐車場法施行令第7条第1項に規定する道路の部分及び橋
ニ)駐車マス及び車路の有効幅員

建築物である路外駐車場の場合は、下記図面も必要になります

イ)各階平面図
ロ)立面図(2面以上)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)