ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 住まい > 空き家活用・管理 > 申請・届出書ダウンロード > 所属一覧 > 生活安全課 > > 空き家の譲渡所得特別控除に係る『被相続人居住用家屋等確認書』

空き家の譲渡所得特別控除に係る『被相続人居住用家屋等確認書』

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月3日更新 <外部リンク>

国は、空き家の発生を抑制するための特例措置として、相続時から3年を経過する日の属する年の12月31日までに、被相続人の居住用の家屋を相続した人が、当該家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む。)または取壊し後の土地を譲渡した場合には、その家屋または土地の譲渡所得から3,000万円を特別控除しています。

制度の概要

空き家の発生を抑制するための特例措置(空き家の譲渡所得の3,000万円特別控除)について

国土交通省<外部リンク>

 

周南市が交付する確認書

特例措置の適用を受けるには、『被相続人居住用家屋等確認申請書』に必要書類を添えて市に提出し、確認書の交付を受け、税務署へ提出する必要があります。

 

被相続人居住用家屋等確認申請書

両面印刷してご利用ください。

様式1-1 家屋又は家屋及び敷地等を譲渡する場合 [PDFファイル/1.59MB]

様式1-2 家屋の取壊し、除却又は滅失後の敷地等を譲渡する場合 [PDFファイル/1.93MB]

 

申請書提出場所

『被相続人居住用家屋等確認申請書』は、市役所本庁2階 生活安全課(1番窓口)に提出し、確認書の交付を受けてください。交付には1週間程度かかります。

なお、添付書類の「被相続人の除票住民票の写し」及び「相続人の住民票の写し」は、原本を提出してください。

発行手数料は1通200円です。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)