ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

汚水処理施設(下水道)整備の現状

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

周南市の下水道普及状況は以下のとおりです。上下水道局では1日も早い普及率100%の達成を目指しています。

下水道(汚水)等の整備状況(平成29年3月31日現在)
 行政区域
人口
A(人)
事業計画区域
面積
(ha)
処理区域面積
(ha)
整備済
管渠延長
(km)
処理人口
B(人)
普及率
B/A(%)
公共下水道-3,917ヘクタール3,043ヘクタール785キロメートル126,185人86.5%
集落排水事業-279ヘクタール279ヘクタール78キロメートル5,378人3.7%

合併処理
浄化槽

----7,761人5.3%
合計145,839人4,196ヘクタール3,322ヘクタール863キロメートル139,324人95.5%

※公共下水道には特定環境保全公共下水道を含む
※公共下水道:徳山中央処理区、徳山東部処理区、新南陽処理区、新南陽北部処理区、鹿野処理区、周南処理区
※集落排水事業:農業集落排水事業と漁業集落排水事業
※農業集落排水事業:須々万市地区、山手地区、高瀬地区、八代地区
※漁業集落排水事業:粭島処理区
※合併処理浄化槽:公共下水道及び集落排水事業の区域を除いた地区

※概要図[PDFファイル/528KB]

すいすい君

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)