ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

水道・下水道の開始・中止の届出のご案内

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

届出先

「水道のみ」または「水道と下水道の両方」をご使用の場合

周南市内で水道をご使用の場合は下記担当へご連絡をお願いします。

届出先
ご使用地区担当連絡先

徳山地区
新南陽地区
熊毛地区
鹿野地区

周南市上下水道局料金センター
(周南市岐山通1丁目1番地)
0834(22)8617

受付時間・・・平日 8時30分~17時15分
※届書による届出が必要な場合があります。詳しくはお問い合わせください。

下水道料金のお取り扱い

  • 水道料金と下水道料金の両方を使用される方は、同時にご請求いたします。
  • 水道料金と下水道料金の両方を使用される方は、水道の届出をもって下水道にも同じ届出を頂いたものとして、同時処理をいたします。
  • 水道水のご使用で、浄化槽や汲み取り便所を使用される場合は、下水道料金はかからないので「水道料金のみ」の届出となります。また畑の散水栓等も同様に「水道料金のみ」の届出です。

井戸水で「下水道」をご使用の場合

この届出は届出書の提出が必要です。

届出先
ご使用地区担当連絡先

徳山地区
新南陽地区
熊毛地区
鹿野地区

周南市上下水道局料金センター
(周南市岐山通1丁目1番地)
0834(22)8617

受付時間・・・平日 8時30分~17時15分
※下水道の区域にある最寄りの市役所各支所でも届書を受付します。
各支所(湯野・戸田・夜市・菊川・須々万・久米・櫛浜・鼓南・和田・八代)
各総合支所(熊毛総合支所産業土木課・鹿野総合支所産業土木課)

下水道料金の届出書ダウンロード

ダウンロードした届出書にご記入のうえ窓口に提出してください。

公共下水道

開始・休止・廃止

下水道使用等届出書 [PDFファイル/114KB]

届出内容の変更

下水道使用等変更届出書 [PDFファイル/83KB]

農業集落排水(須々万・高瀬・八代地区)

開始・休止・廃止

農業集落排水届出書 [PDFファイル/116KB]

届出内容の変更

農業集落排水変更届出書 [PDFファイル/102KB]

「須々万」・「高瀬」・「八代」の各地区は農業集落排水の届書をご使用ください。
農業集落排水の3地区以外は、すべて公共下水道の届書をご使用ください。

届出する内容

水道・下水道の使用を始めるとき

市外からの転入や市内転居など
届出する内容
ご住所ご使用される住所を番地までお願いします。
アパートなど集合住宅の場合は、名称と部屋番号までお願いします。
ご使用名義水道・下水道の使用者となる方のお名前。
使用開始日水道・下水道を使い始める日。
電話番号自宅・携帯電話でも構いません。
請求先納付書の送付先など。
使用人数井戸水で下水道を使用する方は届書により使用人数を届出。

住宅等の新築の時や、既存の住宅等に新たに水道や下水道の新設工事をした場合上下水道局に登録している「水道指定工事店」または「下水道指定工事店」が工事を行うため、工事完了後に工事店が届出されます。(※届出につきましては工事店にご確認ください。)
なお、工事完了から実際に使用開始する時期が当分先になる場合は、工事店と相談のうえご連絡ください。

水道・下水道の使用を止めるとき

  • 市外への転出や市内転居など
  • 長期間の留守等により水道(下水道)の使用を一時的に止めたいとき
  • 建物の解体により、水道(下水道)の使用を取りやめたとき
届出する内容
お客様番号「納入通知書」や「使用水量のお知らせ」に記載されています。
ご住所ご使用場所の住所を番地までお願いします。
アパートなど集合住宅の場合は、名称と部屋番号までお願いします。
ご使用名義水道・下水道の使用者のお名前。
異動日水道・下水道の使用を止める日。
転出・転居先住所引越し先の住所及び電話番号(携帯電話でも構いません)。
最終ご請求の精算方法
  • 納付書払いの方は転居先へ納入通知書を発送します。
  • 口座振替をご利用の方は口座での精算となります。
  • 口座振替の方で精算時は納付書へ変更希望の方はお知らせください。

届出内容を変更するとき

  • ご使用中の名義変更
  • 送付先の変更(納付書でのご請求の場合)
届出する内容
お客様番号納入通知書、使用水量のお知らせに記載されています。
ご住所ご使用場所の住所を番地までお願いします。
アパートなどの場合は、アパート名・部屋番号もお願いします。
ご使用名義水道・下水道の使用者のお名前。

下水道使用人数の変更届(※井戸水での下水道使用者のみ) 井戸水により下水道を使用する場合、下水道使用料は届出の人数から算定されます。
届出中の使用人数から恒常的な変動が生じた時は、住民票の異動とは関係なく、実態に応じてすみやかに届出ください。なお、水道水と井戸水を併用して下水道を使用する場合も届出が必要となります。
※変動の例(世帯員の転入・転出・出生・死亡・長期の入院や施設入所など)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)