ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

軽自動車税の内容

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

軽自動車、二輪の小型自動車、原動機付自転車、小型特殊自動車について、主たる定置場所在の市町村が4月1日現在の所有者に課税する税金です。

軽自動車税の納期は毎年5月1日から5月31日までです。(5月31日が土・日曜日の場合は、その次の平日までとなります。)

軽自動車税の税率

地方税法の改正に伴い、軽自動車税の税率が一部変更されました。

原動機付自転車および二輪車など

種別税率(年額)
原動機付自転車50cc以下 (0.6kw以下)2,000円
50ccを超え90cc以下 (0.6kwを超え0.8kw以下)2,000円
90ccを超え125cc以下 (0.8kwを超えるもの)2,400円
ミニカー(50cc以下)3,700円
二輪の軽自動車125ccを超え250cc以下3,600円
被けん引車ボートトレーラーなど3,600円
二輪の小型自動車250ccを超えるもの6,000円
小型特殊自動車農耕作業用のもの2,000円
その他のもの(フォークリフトなど)5,900円

軽自動車

軽自動車税の税率
車種区分税率(年額)
1:現行税率
平成27年3月31日
までの登録車
2:新税率
平成27年4月1日
以降の登録車
3:重課税率
登録後13年超
四輪以上乗用自家用7,200円10,800円12,900円
営業用5,500円6,900円8,200円
貨物自家用4,000円5,000円6,000円
営業用3,000円3,800円4,500円
三輪3,100円3,900円4,600円

車両の初度検査年月(最初の車両登録の指定を受けた月)によって適用される税率が異なります。
初度検査年月は自動車検査証(車検証)で確認できます。
平成15年10月14日以前の登録車両は、検査年のみの記載のため、その年の12月を検査年月とします。

表の1 初度検査年月が平成27年3月31日以前の車両は、登録後13年を超えるまで現行税率が適用されます。

表の2 初度検査年月が平成27年4月1日以降の車両は、登録後13年を超えるまで新税率が適用されます。

表の3 初度検査年月から13年を経過した車両(4月1日時点)について、重課税率が適用されます。

税額早見表

※平成31年度は、初度検査年月が平成18年3月以前の車両が重課税率の対象になります。
※動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電力併用の軽自動車および被けん引車は、重課税率の対象から除きます。

グリーン化特例対象車

平成30年度に新規取得した一定の環境性能を有する軽四輪等について、
平成31年度分の軽自動車税に限り、その燃費性能に応じたグリーン化特例(軽課)が適用されます。

車種区分税率(年額)
四輪以上乗用自家用2,700円5,400円8,100円
営業用1,800円3,500円5,200円
貨物自家用1,300円2,500円3,800円
営業用1,000円1,900円2,900円
三輪1,000円2,000円3,000円

表のア 電気軽自動車・天然ガス軽自動車(平成30年排出ガス規制適合車または平成21年排出ガス10%低減)

表のイ 乗用:平成32年度燃費基準+30%達成車

貨物:平成27年度燃費基準+35%達成車

表のウ 乗用:平成32年度燃費基準+10%達成車

貨物:平成27年度燃費基準+15%達成車

※イ、ウについては揮発油(ガソリン)を内燃機関の燃料とする軽自動車に限ります。また、平成17年排出ガス基準75%低減達成車または平成30年排出ガス基準50%低減達成車に限ります。
※各燃費基準の達成状況は、自動車検査証(車検証)の備考欄に記載されています。

軽自動車税の諸手続き

軽自動車税の課税は市が行いますが、手続き等はその車種ごとに下記の場所で行うことになります。
車両を新規登録・廃車・住所変更・名義変更などをされた場合は、異動申告の手続きをしてください。

車種手続き先
原動機付自転車
小型特殊自動車
周南市役所 課税課市民税担当
電話 0834-22-8273
※各総合支所や各支所でも手続きできます。
※周南市外へ転出された方は現住所の市町村役場へお問い合わせください。
四輪の軽自動車
(660cc以下)
軽自動車検査協会山口事務所
電話 050-3816-3085
(所在地) 山口市葵1丁目5-57
軽二輪
(125ccを超え250cc以下のバイク)

山口県軽自動車協会
電話 083-922-8877
(所在地) 山口市葵1丁目5-58

※平成31年7月1日以降、軽二輪の手続きは山口運輸支局となります。

二輪の小型自動車
(250ccを超えるバイク)
山口運輸支局
電話 050-5540-2073
(所在地)山口市宝町1-8


原動機付自転車・小型特殊自動車の手続き方法については原動機付自転車・小型特殊自動車の申告をご覧ください。
山口県外で軽二輪、四輪の軽自動車、二輪の小型自動車の廃車手続きをしたときの「税止めの申告」については山口県外で廃車手続きをしたとき(軽自動車・125cc以上のバイク)をご覧ください。
※車庫証明については、最寄の警察署にお尋ねください。

納税義務者

賦課期日 4月1日

原則:所有者
例外:所有権が売主に留保されている場合は、買主=使用者が納税義務者となります。

継続検査(車検)用納税証明書について

現金納付の場合は納税通知書と一体になっています。口座振替により納付された場合は、6月中旬に送付します。
継続検査(車検)用納税証明書の再交付をご希望の方は継続検査(車検)用納税証明書についてをご覧ください。

軽自動車税の減免について

軽自動車税の減免の申請は、毎年納税通知書が届いてから納期限までです。
減免手続きの詳細については軽自動車税の減免をご覧ください。

農耕作業用自動車(トラクターやコンバインなど)の申告

農耕作業用自動車で乗用装置があるものは、道路の走行の有無にかかわらず、軽自動車税の対象になり、申告が義務付けられています。
まだ申告をしていない人は、早めに手続きをして、ナンバープレート(緑色の標識)の交付を受けてください。

対象

トラクター・コンバイン・トレーラーなど

賦課期日

4月1日

税額

2,000円

お持ちいただく物

印鑑、農耕作業用自動車の種別・車名・型式などが確認できるもの

事業所などの構内で使用されている未登録の軽自動車等の申告

工場構内や作業所などで使用されている未登録の軽自動車等はありませんか?
事業所、工場、作業所などの構内のみで使用されており、一般の道路を走行しないためナンバープレートをつけていない未登録の原動機付自転車、フォークリフト、四輪の軽自動車、軽二輪、二輪の小型自動車についても軽自動車税の対象になります。
該当する車両がある場合には、申告の必要があります。対象となる方は以下の手続きをお願いします。

対象となる車両

原動機付自転車、フォークリフト、四輪の軽自動車、軽二輪、二輪の小型自動車など
軽自動車税の対象となるもので、ナンバーがついていない未登録の車両

賦課期日

4月1日

税額

上記税率のとおり

登録の申告に必要なもの

事業所等の代表者印、各車両の車名・車台番号などが確認できるもの

登録された場合、原動機付自転車、フォークリフトにつきましては、それぞれナンバープレートを交付します。
四輪の軽自動車等はナンバープレートではなく、仮の番号を書類で交付しますので、廃車など登録状況に変更がある場合には、交付したナンバーまたは仮の番号で手続きしていただくようになります

軽自動車税の詳細については、下記のページをご覧ください。

原動機付自転車・小型特殊自動車の申告 手続方法や申告に必要なものです。

軽自動車税の減免 軽自動車税の減免の基準や手続きに必要なものです。

継続検査(車検)用証明書について 交付手続きに必要なものです。

軽自動車税Q&A 軽自動車税に関する主なお問い合わせです。

申請・届出書ダウンロード 周南市の様式集です。