ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 税金(個人) > 個人市民税 > 特別徴収事務を行う上での手続のご案内

特別徴収事務を行う上での手続のご案内

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

このぺージの手続きで使用する届出書

転勤などにより、別の事業所で特別徴収を継続する場合。

特別徴収継続の場合の異動届の書き方についてはこちら→記載例[PDFファイル/1.42MB](特別徴収継続の場合)

別の事業所へ転勤、または退職後すぐに関連会社に再就職をした場合で、特別徴収を継続する場合にはこの手続を行ってください。

別の事業所で特別徴収を継続する場合

※転勤の場合、事業所によっては納税通知書の送付時点で税額がわからないと特別徴収できない場合があります。旧事業所の担当者の方は、必ず税額等を新事業所へ連絡してください。 

退職や休職などの理由で、特別徴収を停止し、残りを一括徴収する場合。

一括徴収の場合の異動届の書き方についてはこちら→記載例[PDFファイル/1.42MB](一括徴収の場合)

特別徴収を停止し、残りを一括徴収する場合

退職などの理由で特別徴収を停止し、残りを普通徴収に切り替える場合

普通徴収の場合の異動届の書き方についてはこちら→記載例[PDFファイル/1.42MB](普通徴収の場合)

退職などの理由で特別徴収を停止し、残りを普通徴収に切り替える場合

関連ページへのリンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)