ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 契約監理課 > 低入札価格調査制度【物品業務委託担当】

低入札価格調査制度【物品業務委託担当】

印刷用ページを表示する更新日:2018年8月31日更新 <外部リンク>

お知らせ

平成22年9月1日より、業務委託の低入札価格調査実施要領を施行します。

低入札価格調査制度とは

低入札価格調査制度とは、下記に定める「調査基準価格」を下回る入札があった場合に、適正な履行が可能かどうか、入札書の積算等について調査を行うものです。
地方自治法施行令第167条の10第1項(同令167条の13の準用する場合を含む。)によります。

目的

行き過ぎた競争を未然に防ぎ、委託品質の向上と受託業者の経営安定に繋げ、もって契約内容の履行確保を図ることを目的に行ないます。

対象

予定価格が1,000万円以上の業務委託(測量・建設コンサルタント等業務委託を除く。)

調査基準価格

調査基準価格=予定価格×100÷108×8÷10

要領等

周南市業務委託の請負契約に係る低入札価格調査実施要領

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)