ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

やさしい日本語講座

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

やさしい日本語講座を開催しました!

平成28年8月27日(土曜日)に、学び・交流プラザにて、地域国際化推進アドバイザーの松本義弘氏による「やさしい日本語講座」が行われました。
講座では、日常で使う日本語を簡単で分かりやすい日本語に言い換えたり、発信する情報を加減したりすることで、外国人に日本語で情報を伝えることができる、ということをワークショップなどを通じて学びました。
誰でも簡単にやさしい日本語にすることができます。外国人に限らず、子どもや高齢者など、様々な人との交流で役に立つ「やさしい日本語」について、考えてみましょう!

やさしい日本語への変換例

今朝

⇒ きょう の あさ

常用薬

⇒ まいにち つかっている くすり

本日18時から、周南市社会福祉協議会のボランティアによる炊き出しがあります。

⇒ よる の 6じ に あたたかい たべもの を もらうこと が できます。おかね は いりません。ならんで ください。

松本講師による「やさしい日本語」についての説明の様子

ワークショップの様子

各グループによるワークショップ発表の様子

於 学び・交流プラザ 交流室4