ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境政策課 > ツマアカスズメバチについて

ツマアカスズメバチについて

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

ツマアカスズメバチは、外来生物法「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(平成16年6月2日法律第78号)で、特定外来生物に指定されています。

周南市内では、令和元年11月22日現在、生息は確認されていませんが、今後、生息範囲が拡大する可能性がありますのでご注意ください。

ツマアカスズメバチの特徴

  • 原産地:中国、台湾、東南アジア、南アジア
  • 学名:Vespa velutina
  • 体長:女王バチが約30mm、働きバチが約20mm
  • 色:全体的に黒色、腹部は鮮やかなオレンジ
  • 脚の根本半分が黒色、脚の先半分は黄色

※詳しくは、ツマアカスズメバチ注意喚起チラシへ [PDFファイル/533KB]


「ツマアカスズメバチ」
 
 ツマアカスズメバチ

人への影響

人への危険性は在来スズメバチと変わりませんが、農林業(特に養蜂業)や生態系等に悪影響を及ぼすおそれがあり、警戒が必要です。

刺された時の対応

在来のスズメバチと同様、医療機関を受診してください。

相談窓口

環境政策課 環境政策担当 電話番号:0834-22-8324

周南健康福祉センター 生活環境課 電話番号:0834-33-6427

中国四国地方環境事務所 野生生物課 電話番号:086-223-1561

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)