ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境政策課 > オオキンケイギクについて

オオキンケイギクについて

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

法面や道路で見かけるオオキンケイギクは特定外来生物です。
周辺の生態系に重大な影響を及ぼす植物ですので、自宅の庭先や花壇などに植えてはいけません。

オオキンケイギクへの対応

自宅に生えていた場合は、根から引き抜き、その場で拡げないように2~3日天日にさらすなど枯死させた後、
燃えるゴミとして処分しましょう。
※詳しくは オオキンケイギク注意喚起チラシへ[PDFファイル/597KB]<外部リンク>

 

オオキンケイギクの特徴

オオキンケイギク

  • 原産:地北アメリカ
  • 学名:Coreopsis Ianceolata
  • 特徴:多年生草本
  • 高さ:30~70cm程度
  • 葉は、茎の下の方に着き、両面に粗い毛がある。
  • 花期は5月~7月頃。直径5~7cmの橙黄色の頭状花をつける。

「オオキンケイギク」
 
 オオキンケイギク

※オオキンケイギクのほかにも県内で特定外来生物が確認されています。<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)