ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

簡易専用水道

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

簡易専用水道が設置されている建物について

 平成25年度から、簡易専用水道の事務が、県から市に移譲されています。

簡易専用水道とは

市町等の水道から供給される水のみを水源として、その水を貯水槽に受け、ポンプで高置水槽に揚水して、各階に飲用として給水するもの等で、貯水槽の有効容量が10立方メートルを超えるものを簡易専用水道(以下「施設」という。)といいます。

設置者の義務について

  1. 施設を設置、変更、廃止する場合には、下記の様式により、届出が必要です。
  2. 受水槽の点検や清掃など、一定の管理をすることが義務付けられています。
  3. 厚生労働大臣の登録を受けた検査機関(山口県内の施設の検査を行える機関に限る。次の表を参照。)による定期検査を1年以内ごとに1回受けることが義務付けられています。
表1.簡易専用水道登録検査機関
検査機関名住所 検査を行う区域
財団法人山口県予防保健協会山口市吉敷下東三丁目一番一号山口県、広島県、島根県、福岡県
日東工業株式会社北九州市小倉南区徳吉東四丁目九番一号山口県、沖縄県を除く九州全県

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)