ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境政策課 > 新斎場(下松市)の建設地が決定しました

新斎場(下松市)の建設地が決定しました

印刷用ページを表示する更新日:2018年5月1日更新 <外部リンク>

新斎場の建設地が決定

現在、周南地区衛生施設組合が、火葬業務を担っている御屋敷山斎場(下松市)は築後46年が経過し、施設の老朽化と高齢化社会の到来による利用者増に対応するため、新斎場の整備が急がれていました。

このたび、同組合を構成する周南市、下松市及び光市の協議により、下松市の旧清掃工場跡地(図参照)を新斎場の建設地として決定しました。