ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 環境・ごみ・ペット > 犬・猫 > H30「犬の飼い方教室」を開催しました。

H30「犬の飼い方教室」を開催しました。

印刷用ページを表示する更新日:2018年11月1日更新 <外部リンク>

★ 10月24日(水曜日)に23組の飼い主さんと愛犬が学習されました。

日本警察犬協会公認訓練士のご指導の下、飼い主さんが愛犬と一緒に実践学習を行いました。最初はなかなか思うように出来ないものですが、愛犬のしつけを行う上で大切なのは飼い主さんが「主従関係」を強く意識することだそうです。最初はなかなか思うように出来ないものですが、これからも日々の積み重ねで上達され周囲のお手本となられることを期待しております。

訓練士のみなさん、参加者のみなさん大変お疲れ様でした。

開催風景 訓練士と訓練犬による模範演技1 訓練士と訓練犬による模範演技2

訓練士さんの指導による班別実践訓練1 訓練士さんの指導による班別実践訓練2 訓練士さんの指導による班別実践訓練3

 

【開催前の募集案内と概要】

9月・10月は山口県の動物の飼い方マナーアップ強化期間です。

飼い主さんの知らないところでペットが近所に迷惑をかけていませんか?飼い主さんは自己点検を行いペットとご近所を思いやる飼育に努めましょう。

なお、この期間に、愛犬と参加できる「犬の飼い方教室」を周南市(環境政策課)と下松市(環境推進課)が共同開催します。

「待て」「来い」など、簡単そうで意外と出来ない「基本しつけ」について学んでみませんか?

興味を持たれた飼い主さんの申し込みをお待ちしております。(※参加条件に該当している必要があります。詳しくは下記をご確認ください。)

 

日時

平成30年10月24日(水曜日)10時00分~12時00分

場所

下松スポーツ公園第4駐車場(下松市大字河内140番地)

募集人数

20名(※実践学習のため、飼い主1名につき愛犬1頭の参加とします。)

参加料

無料

講師と学習内容

日本警察犬協会公認訓練士(山口県支部)

  1. 嘱託訓練犬による実演を見て学ぶ。
  2. 講師指導のもとで、飼い主と愛犬が「待て」「来い」「脚側歩行」の基本しつけをが実践する。

※屋外学習のため小雨でも中止になります。予めご了承ください。

参加条件

  1. 愛犬の登録が周南市にあり、平成30年度の狂犬病予防接種を注射済であること。
  2. リードをつけて他の参加者と一緒に2時間程度の屋外受講ができること。
  3. 1年以内に5種以上のワクチン接種をしていること。(※他の参加犬への感染防止のため)

申し込み方法

申込書をすべて記入のうえ環境政策課に提出してください。(※申込書は、このページの様式をダウンロードして印刷するか、窓口にあります。)

★申込書の提出は、次の方法とします。

  1. 窓口へ持参 【 庁舎2階 】
  2. 郵送 【 〒745-8655 周南市岐山通1-1 周南市役所 環境政策課 あて 】
  3. 電子メール(PDF形式) 【 kankyo@city.shunan.lg.jp

※但し、2または3の方法でお申し込みの場合は、発送後必ず、電話で当課に到着確認をして下さい。届かない時は受付ができませんのでご注意ください。

申し込み締切日

平成30年10月15日(月曜日) ※参加募集は締め切りました。

申込書

★会場は下松スポーツ公園の第4駐車場で、恋路墓地の手前になります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)