ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画課 > 地域総合整備資金貸付(ふるさと融資)制度

地域総合整備資金貸付(ふるさと融資)制度

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

制度の概要

地域総合整備資金貸付(ふるさと融資)とは、地域振興に資する民間事業活動等を支援し、活力と魅力ある地域づくりの推進に寄与するため、市が一般財団法人 地域総合整備財団(ふるさと財団)の支援を得て、民間事業者等に長期の無利子資金を融資する制度です。

貸付対象者

法人格を有する民間事業者

貸付対象費用

(1)設備の取得等に係る費用
(2)試験研究開発費等当該設備の取得等に伴い必要となる付随費用(人件費、賃借料、保険料、固定資産税、支払金利及びリース料)

貸付対象事業

市が策定した地域振興民間能力活用事業計画に位置づけられた事業で、次のすべてに該当するもの
(1)公益性、事業採算性、低収益性等の観点から実施されるもの
(2)事業の営業開始に伴い、事業地域内において1人以上の新たな雇用の確保が見込まれるもの
(3)事業の貸付対象費用の総額(用地取得費を除く)が1,000万円以上のもの
(4)用地取得等契約後5年以内に事業の営業開始が行われるもの

貸付額

概ね300万円以上とし、10.5億円を限度とする
(貸付対象費用から国庫補助金等の額を控除した額の35%を限度)
認定された地域再生計画の計画期間である平成33(2021)年3月31日までは、限度額が13.1億です。

貸付利率

無利子

償還期間

15年以内(うち据置期間5年以内)

償還方法

元利均等半年賦償還

担保

民間金融機関の連帯保証が必要
(保証料が別途必要)
詳しいことは、政策推進部企画課企画担当(0834-22-8478)までお問い合わせください。
※ 一般財団法人地域総合整備財団(ふるさと財団)のホームページに、手引き、Q&Aなどが掲載されています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)