ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフステージ > 結婚・離婚 > 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届)

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届)

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

離婚の届出をすると、婚姻の際に氏が変動した配偶者は、原則婚姻前の氏に戻ります。
離婚後も、婚姻中の氏を名乗ることを希望する場合は、この届出をしてください。

届出期間

離婚届と同時または離婚の日から3か月以内

※離婚の日とは
協議離婚……市区町村長に届け出た日
裁判離婚……調停または和解の成立の日、請求の認諾の日、審判または判決の確定年月日

届出人

婚姻の際に氏が変動した配偶者

届出に必要なもの

  • 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届)
  • 印鑑(届出人のもの・スタンプ印不可)
  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)
    ※離婚届と同時に届出する場合は、離婚届とあわせて1通で結構です
    ※届出先が本籍地の人は不要

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届)の書き方

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届) [PDFファイル/818KB]

離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2項の届)に伴う主な手続き

※離婚届と同時に届出された場合は、氏の変更がないため以下の手続きは必要ありません。

  • マイナンバーカード・マイナンバーの通知カード
    氏が変わる場合は、訂正をしますので、市民課へお持ちください。
  • 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)
    氏が変わる場合は、訂正をしますので、市民課へお持ちください。
  • 国民健康保険(加入者のみ)
    氏または世帯主の氏が変わる場合は、被保険者証の差し替えをしますので、市民課へお持ちください。
  • 印鑑登録(登録者のみ)
    氏が変わることにより、変更前の氏で登録している印鑑は自動で廃止になります。(廃止の手続きは必要ありません。)印鑑登録証明書が必要な場合は、新しく印鑑登録申請をしてください。

※市民課以外の課で手続きが必要な場合があります。詳細は各担当におたずねください。

  • 高齢者支援課(介護保険証について)※氏が変わった方のみ
  • 障害者支援課(障害者手帳、福祉医療費受給者証について)※氏が変わった方のみ

関連リンク

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)