ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 【消費生活の知恵】新元号への改元に便乗したトラブル

【消費生活の知恵】新元号への改元に便乗したトラブル

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月1日更新 <外部リンク>

新元号への改元に便乗したトラブル

相談事例1

「新天皇御即位を祝した写真集を買ってほしい」と電話で勧められ、記念にと思い購入すると答えた。代金は4万円で2日後に届くと言われた。電話を切ったあと、よく考えると高額だ。キャンセルしようと思ったが販売業者も連絡先もわからない。

アドバイス1

新天皇陛下の御即位に便乗して写真集や記念コイン等の商品を「記念になる」「今買わないのはおかしい」などと電話で勧誘されるケースが見られます。断る場合には「いりません」「購入しません」ときっぱり伝えましょう。

相談事例2

自宅に「元号の改元による銀行法改正について」という内容の書類が届いた。公的機関の正規な書類だと思い、個人情報を書いて返送した。銀行の口座番号等を書いてしまったと思うが、控えが無いため何を書いたかはっきりと覚えていない。

アドバイス2

銀行等の民間企業や事業者団体を装って「改元で法律が変わる」という書類を送り、口座情報や個人情報を返送させたり、警察官や銀行員を騙る人物から電話や訪問があり、キャッシュカードや現金を提出するようにと言われる手口が見られます。絶対に相手にしないでください。
(令和元年5月1日掲載)

『しまった!困った!』時には、早急に相談しましょう。

問合せ:市消費生活センター ☎0834-22-8321
または、消費者ホットライン ☎188 (いやや)