ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 【消費生活の知恵】新型コロナウイルス対策減税による還付金詐欺に注意!!

【消費生活の知恵】新型コロナウイルス対策減税による還付金詐欺に注意!!

印刷用ページを表示する更新日:2020年5月15日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス対策減税による還付金詐欺に注意!!

相談事例

市役所職員を名乗る男性から「新型コロナウイルス対策減税による還付金がある」と電話があった。その後、銀行協会の職員から振込口座を確認したいと問い合わせの電話がかかり、銀行の口座情報と暗証番号を教えた。家族に伝えると怪しいと言われた。どうしたらいいか。

回答

市役所が還付金などの申請を促す電話をかけることはありません。至急、銀行へ連絡し口座を凍結してもらい、警察へ情報提供しましょう。

アドバイス

市役所などの行政機関をかたって還付金があると電話してくる還付金詐欺に関する相談は後を絶ちません。
市内でも、毎年被害が発生しています。話題になった事件やイベントに絡めて「元号が変わったので更新のためキャッシュカードを預かる」「新型コロナウイルス除去のために水道管を消毒する」「東京オリンピック延期で観戦チケット転売のもうけ話がある」など、急な電話や訪問があるかもしれません。落ち着いて行動し、個人情報を伝えたり、契約したりすることがないように気を付けましょう。
(令和2年5月15日掲載)

『しまった!困った!』時には、早急に相談しましょう。

問合せ:市消費生活センター ☎0834-22-8321
または、消費者ホットライン ☎188 (いやや)