ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防犯・安全 > 消費生活 > 【消費生活の知恵】就職活動中に先輩から紹介されたビジネス教材でのトラブル

【消費生活の知恵】就職活動中に先輩から紹介されたビジネス教材でのトラブル

印刷用ページを表示する更新日:2020年9月1日更新 <外部リンク>

就職活動中に先輩から紹介されたビジネス教材でのトラブル

相談事例

5日前、大学の先輩から「楽して稼ぎたくない?」「興味があったら連絡して。」とSNSにメッセージがあった。新型コロナウイルスの影響で就活が進まない状況だったので興味を持った。本来は会って話を聞くようだが、対面を避けるため、先輩から紹介された男性から電話で説明を受けることになった。この男性から「自己流の対策では就活にも失敗する。このビジネス教材のビジネスモデル通りに実践すれば必ず勝ち組になれる。実際に稼いでいる成功者がたくさんおり、私もその一人だ。友達を紹介すればさらに紹介料がもらえる。」と説明された。まずは入会金を支払うよう言われ、就職できないかもしれないという焦りから、指定された銀行口座に5万円を振り込んだ。契約書や領収書は受け取っていない。家族に相談したら簡単に儲かる話は無いと言われた。支払った5万円を返してもらえるだろうか。

注意点

○教材を購入したからといって就活に成功したり簡単に収入を得たりすることはできません。友人や知人から勧誘されても、必要がないと思う契約はキッパリ断りましょう。
○友人を紹介すると人間関係が壊れ、あなたが加害者になることもあります。
○申し込みをしたりお金を支払ったりしたときは、相手業者に必ず契約書や領収書を求めましょう。契約してから定められた期間内であれば電話勧誘販売・連鎖販売取引におけるクーリング・オフが可能です。期間が過ぎていても解約できる場合があります。諦めずに相談しましょう。

就職活動中の学生の不安に付け込んで就活対策になるとうたい、教材などを購入するだけで成功すると勧誘し、契約させるトラブルが発生しています。
少しでも「おかしいな」と思ったら、すぐにご相談ください。

(令和2年9月1日掲載)


『しまった!困った!』時には、早急に相談しましょう。

問合せ:市消費生活センター ☎0834-22-8321
または、消費者ホットライン ☎188 (いやや)