ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

人権擁護委員とは

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月1日更新 <外部リンク>

人権擁護委員制度

人権擁護委員は、法務大臣が委嘱した民間の人たちで、地域に根ざした活動を行っている民間の人たちが、地域の中で人権思想を広め、人権侵害が起きないように見守り、人権を擁護していくために設けられたものです。

現在、約14,000名の委員が全国の各市区町村に配置され、講演会や座談会を開催したり、法務局の人権相談所で住民の皆さんからの人権相談を受けるなど、積極的な活動を行っています。

周南市内の人権擁護委員

徳山地区

   磯部千恵子 (いそべちえこ)

   河口喜美子 (かわぐちきみこ)

   河佐幸則 (かわさゆきのり)

   河村昌子 (かわむらまさこ)

   佐野勇  (さのいさむ)

   中村俊孝 (なかむらしゅんこう)

新南陽地区

   中山哲男 (なかやまてつお)

   平野明子 (ひらのあきこ)

   福田尚子 (ふくだなおこ)

熊毛地区

   井生純子 (いのいけじゅんこ)

   友森福雄 (とももりふくお)

   山村律子 (やまむらりつこ)

鹿野地区

   河村よし子 (かわむらよしこ)

   宮本吉光 (みやもとよしみつ)

 

更新日:2019年7月1日

人権擁護委員による常設相談所のご案内

場所

山口地方法務局周南支局

日時

毎週月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで(祝日・年末年始を除く)

住所

〒745-0823周南市周陽2丁目8番33号

電話

0834-28-0244

Fax

0834-28-0247