ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

国民年金の保険料

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月1日更新 <外部リンク>

令和元年度国民年金保険料 月額 16,410円

※平成30年度 月額 16,340円


保険料は20歳から60歳になるまで40年間納めます。
年齢や所得に関係なく、月額の一定額です。(年度ごとに改定されます。)

※保険料の納付期限は翌月末(たとえば4月分は5月末まで)です。また、保険料をまとめて前払い(前納)すると保険料がお安くなります。
※納めた保険料は、年末調整や確定申告のときに、全額「社会保険料控除」の対象となります。
※保険料を納めないでいると、老後の年金だけでなく障害者や遺族になったときに年金が受けられない場合があります。

付加年金

国民年金保険料に付加保険料(月額400円)をプラスして納めると、「200円×付加保険料納付月数」で計算された額が、毎年、老齢基礎年金に加算されます。

保険料の納付方法

現金納付(日本年金機構が発行した納付書でのお支払い)

「領収(納付受託)済通知書」(納付書)を使用し、「納付期限」までに銀行などの金融機関、郵便局、コンビニエンスストアで納めてください。

口座振替(一番おトクな納付方法)

口座振替で納めると手間がかからず、納め忘れを防ぐこともできます。口座振替の手続きは、お近くの年金事務所または金融機関の窓口で受け付けています。

クレジットカード納付(継続納付・前納)

申込手続きは、年金事務所で受け付けております。詳しくは、お近くの年金事務所にお問い合わせください。

電子納付

インターネットバンキング、モバイルバンキング、テレフォンバンキングをご利用いただく場合は、あらかじめ利用される金融機関と契約を結ぶ必要があります。契約方法については、ご利用になる金融機関にお問い合わせください。
また、ご利用になる金融機関が電子納付の利用が可能か否かについては、金融機関にお問い合わせください。

保険料の納付が難しい場合

国民年金保険料を納めることが経済的に難しいときはこちらをご覧ください。

関連リンク