ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 福祉・介護 > 障害者福祉 > 内部障害や難病の方、また妊娠初期の方などへ、ヘルプマークを配付します。

内部障害や難病の方、また妊娠初期の方などへ、ヘルプマークを配付します。

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、また妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成されたマークです。

ヘルプマーク。赤いタグ状のもので、プラス記号とハート記号を組み合わせた白いマークがついています。

ヘルプマークの入手方法等

  • 県または市町の配布窓口でヘルプマーク申込書を提出してください。その場でヘルプマークをお渡しします。
  • ヘルプマークの配布は無料ですが、1人1個までとします。紛失した際は、再度申込をしてください。
  • 身体障害者手帳等の呈示は必要ありません。
  • 代理の方が申し込むことも可能です。

配布窓口

  • 障害者支援課
  • 健康づくり推進課
  • 新南陽総合支所仮庁舎市民福祉課
  • 熊毛総合支所市民福祉課
  • 鹿野総合支所市民福祉課

ヘルプカード、サポートマーク

山口県では、必要とする方々にヘルプマーク等を交付するとともに、県民の皆さんが、ヘルプマーク等を身につけている方を見かけた場合に援助や配慮をしていただけるよう、周知に努めています。

詳しくはこちらをご覧ください。

ヘルプマーク等の配布について(山口県ホームページ)<外部リンク>