ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

児童クラブ

印刷用ページを表示する更新日:2017年8月15日更新 <外部リンク>

児童クラブ

児童クラブの目的

児童クラブとは、保護者が就労や疾病などにより家庭で保育できない場合、保護者に代わって、小学生(1年生~6年生)を保育する施設です。放課後や長期休業期間、小学校余裕教室や児童館等を活用して、適切な遊びや生活の場を提供し、児童の健全な育成を目指しています。そのため、家庭で保育できる状態になった場合はお預かりできません。
また、保護者がお休みの場合は、家族で子どもと一緒に過ごすよう心掛けてください。

休所日と保育時間

休所日

  • 日曜日及び祝日
  • 8月13日から8月16日
  • 12月29日から翌年の1月3日

※自然災害や、インフルエンザ等集団感染による学級(年)閉鎖があった時などに臨時閉所することがあります。

保育時間

  • 学校の授業日…放課後~午後6時
  • 学校の休業日…午前8時~午後6時
  • 延長保育…午後6時~午後7時(児童クラブ延長保育事業実施要綱による)

対象児童

市内の小学校に通学または、市内に在住する児童であること(児童クラブ未設置の小学校で、長期休業期間中等に利用を希望される方は、次世代支援課次世代支援担当へご相談ください)。

入会要件

  • 保護者及び同居の祖父母等のいずれもが就労等により、家庭で保育できないこと。
    (長期休業中に限り、祖父母と同居していても利用できます。)
  • 児童が自主的に児童クラブへ参加でき、集団生活が可能であること。
  • 常に児童クラブと保護者間で連絡が取れること。
  • 児童クラブの利用期間が継続して1か月以上であること。(春休み・冬休みを除く)

同居の祖父母とは

  • 住民票は別であっても、同じ住宅に住む70歳未満の祖父母。
  • ただし、二世帯住宅であり、玄関が別々で完全に独立した住宅(家の中でつながっている場合は除く)の場合は別居と見なします。

就労等とは

  • 就労・就学・親族の看護
    • 学校のある通常時…月15日以上かつ放課後概ね2時間以上、就労・就学・看護により保育できないこと
    • 長期休業期間中…月15日以上かつ1日概ね4時間以上、就労・就学・看護により保育できないこと
  • 疾病・傷病:保育できない期間が継続して1か月以上あること
  • 出産:出産月を含む3か月間以内であること
  • 求職活動:離職日から2か月以内であること

※各児童クラブには定員があります。定員を超える等安全な保育が実施できない場合は、低学年児童の入会を優先するとともに、各世帯の状況等を総合的に検討し、入会を決定する場合があります。

申し込みについて

手続きの注意事項

  • 入会期間は毎年4月1日から3月末が限度です。年度をまたいで入会を継続したい場合は必ず手続きが必要です。
  • 新入会者は申し込み時に保護者・児童・支援員を交えて面接をいたしますので、事前に各児童クラブへ連絡を取られ面接日を決めてください。
  • 入会要件等に基づいて次世代支援課が審査後、入会の可否を決定し、児童クラブ入会(却下)決定通知書を児童の保護者に通知します。書類を提出いただいてから、1週間から10日ほどかかりますので、余裕をもってお申し込みください。
  • 提出書類に虚偽の記載をした場合は、保育をお断りする場合があります。

申込書などの配布・受付先

配布先
  • 次世代支援課(平日午前8時30分から午後5時15分まで)
  • 鹿野・熊毛・新南陽総合支所の福祉担当課(平日午前8時30分から午後5時15分まで)
受付先

受付期間

  • 随時(年度途中の入会)の受付…入会希望日の1か月前から10日前まで
  • 新年度(4月入会)の受付…1月4日から1月31日まで(詳しくは市広報1月1日号に掲載)
  • 夏期休業(7月21日~8月31日)の受付…6月1日から6月30日まで

※受付期間中にお申し込みいただけない場合、希望に添えない場合がありますが、ご了承ください。

保護者負担金

保育料とその他の費用は、集金袋をお渡ししますので、各児童クラブにお支払いください。

保育料

児童クラブの保育料
利用する月保育料
5月、6月、9月、10月、11月、2月2,500円
4月、7月、12月、1月、 3月3,000円
8月5,000円
  • 月の途中に入会や退会した場合は、入会期間に応じて保育料を計算します。
  • 保育料は児童クラブ運営に必要な経常的経費の実績額により算定しており、定期的に改定します。
減免制度
  • 同一世帯に入会児童が2名以上いる場合は、最年長児以外の入会児童の保育料を半額にする制度があります。制度のご利用には申請が必要です。

  • 生活保護受給世帯または、本年度分(4月及び5月にあっては、前年度分)の市民税非課税世帯の児童は保育料を免除する税度があります。制度のご利用には申請が必要です。

  • 減免制度は、申請書を提出した翌月から適用となります。

その他の費用

  • 保育料とは改めて必要となる費用です。
    • 運営費(おやつ代等)1500円/月
    • スポーツ安全保険料(ケガ等に対する補償)800円/年 など
  • その他の費用は、保育料の減免の対象にはなりません。

児童クラブでの生活

児童クラブは、家庭(保護者)との連携をもとに家庭的な雰囲気の中で適切な遊びを中心とした保育にあたります。クラブの運営は、保護者、学校及び地域の支援のもとに集団生活の中で、きまりを守り、お互い気持ちよく過ごせるよう支援員が中心となって運営します。

  • 遊びを中心とした生活の場となります。
  • 学習塾ではありませんので、宿題等への取組みについては、各個人の自主性に任せます。取組みについての指導は行いますが、学習指導や答え合わせなどは各家庭でお願いします。
  • 給食はありません。土曜日や、長期休業期間等は、お弁当等を用意してください。
  • 無断欠席・早退が、続く場合や、行動面、健康面で、危険な状態が続く場合は退会となることがあります。
  • 具合が悪くなった場合は保護者に連絡しますので、必ず迎えに来てください。

その他

  • 児童クラブの入会要件を満たさない場合で、お迎えや短時間の預かりなど、子どもへの対応が必要な場合、周南市ファミリーサポートセンター(電話 (0834) 32-8191)に、ご相談ください。
  • ご不明な点は、児童クラブまたは次世代支援課次世代支援担当 電話(0834)22-8457までお問合わせください。

関連リンク

周南市児童クラブ一覧(電話番号・所在地)