ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

こども虐待に関すること

印刷用ページを表示する更新日:2019年7月1日更新 <外部リンク>

児童虐待防止対策の推進について

虐待は、特別なことではなく、誰の周りでも起こりうることです。
児童虐待を防止するためには、地域社会全体で虐待のサインを見逃さず、早期発見、早期対応することが重要です。

このために、皆さんの周りで、

長時間子どもの泣き声が聞こえている
夜間など、不自然な時間に子どもだけで外にいる
身体や服が汚れている
理由のわからないケガが続く子どもがいる
 など

「もしかして虐待かもしれない」と思った場合は、ためらわず周南児童相談所か市の相談窓口へお電話ください。

間違っていても構いません。なお、ご連絡いただいた方のプライバシーは、必ず守ります。

虐待の連絡は子どもを守り、ひいては親を救うことにもなります。皆さんのご協力をお願いします。

次世代支援課こども家庭相談室(年末年始・祝日を除く月曜から金曜 8時30分から17時15分)
徳山保健センター内
電話 0834-22-8452

周南児童相談所(年末年始・祝日を除く月曜から金曜 8時30分から17時15分)
〒745-0836 周南市慶万町2‐13
電話 0834-21-0554

児童相談所全国共通ダイヤル(24時間365日)
電話 189(3桁番号)