ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 広報戦略課 > 43年ぶりにマナヅルがやってきました

43年ぶりにマナヅルがやってきました

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月25日更新 <外部リンク>
無人カメラで撮影されたマナヅル

毎年、八代地区に渡来するナベヅル。渡来期間中はねぐらや餌場に無人カメラを設置していました。そこで撮影された写真を分析・整理する過程で、昨シーズン(令和元年度)に渡来した1羽のツルが、専門家によりマナヅルであったことが明らかとなりました。八代地区でのマナヅルの確認は、昭和52年2月18日以降、43年ぶりとなります。
Twitterにて、ナベヅル情報を発信しています。https://twitter.com/crane_shunan<外部リンク>

撮影日:2020年3月18日
場所:周南市大字八代(ツルのねぐら内)

市の公式SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)では、ホームページでは紹介していない身近な話題などを紹介しています。ぜひご覧ください。

周南市公式twitter https://twitter.com/ShunanCity<外部リンク>
周南市公式facebook https://www.facebook.com/city.shunan/<外部リンク>
周南市公式instagram https://www.instagram.com/shunancity/<外部リンク>