ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフステージ > 健康・医療 > 中東呼吸器症候群(MERS)について
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 救急・医療 > 中東呼吸器症候群(MERS)について

中東呼吸器症候群(MERS)について

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

中東呼吸器症候群(MERS)は、アラビア半島諸国で発生している新種のコロナウイルスによる感染症です。
主として中東地域(アラブ首長国連邦、イエメン、イラン、オマーン、カタールクウェート、サウジアラビア、ヨルダン、レバノン)で患者が報告されています。
また、中東地域への渡航者からも患者が発生し、近隣国では、韓国で中東地域への渡航者から感染が広がっています。

市民の皆さんへ

中東呼吸器症候群(MERS)は、次々にヒトからヒトへ感染しないとされていますので、正しい理解とご対応をお願いします。
MERSに感染が疑われる方については、直接医療機関には行かず、まずは健康福祉センターにご連絡ください。

周南市の場合

問い合わせ先

周南健康福祉センター(周南環境保健所)健康増進課
Tel:0834-33-6423
中東呼吸器症候群(MERS)の情報はこちらから<外部リンク>