ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康づくり推進課 > 熱中症に気を付けましょう!

熱中症に気を付けましょう!

印刷用ページを表示する更新日:2019年9月4日更新 <外部リンク>

暑い日が続き、全国的に熱中症の発生が多くなっています。
熱中症は、屋外だけでなく室内でも多く発生しています。
体が熱さに慣れていない時、気温が高くなくても、湿度が高い、風が弱い日は特に熱中症に注意しましょう。予防方法と対策を知っておくことが大切です。

熱中症予防リーフレット(厚生労働省)

リーフレット写真リンク
リーフレット表リーフレット裏熱中症予防リーフレット(予防方法・対応方法) [PDFファイル/770KB]

 

熱中症の予防方法

  • 水分をこまめにとる(就寝前も我慢せず、水分補給をしましょう。)
  • 汗をかいたときは水分と一緒に塩分もとる
  • 涼しい服装をする(日傘や帽子の使用)
  • 日陰を利用する
  • こまめに休憩をとる(体調が悪いときや、暑いときは無理をしない)
  • エアコンや扇風機を上手に利用する(温度計の活用や風向きの工夫)
  • 涼しい場所や施設を利用する…ひと涼みに「周南市涼みの駅」もご利用ください
  • 暑さ指数(WBGT)<外部リンク>を参考にする

環境省熱中症予防情報サイト<外部リンク>(環境省)

夏季のイベントにおける熱中症対策ガイドライン<外部リンク>(環境省)

 

熱中症の症状

こんな症状があったら、熱中症を疑いましょう。

  • 軽度
    • めまい
    • 立ちくらみ
    • 筋肉痛
    • 汗がとまらない
  • 中度
    • 頭痛
    • 吐き気
    • 体がだるい(倦怠感)
    • 虚脱感
  • 重度
    • 意識がない
    • けいれん
    • 高い体温である
    • 呼びかけに対して返事がおかしい
    • まっすぐに歩けない
    • 走れない

 

熱中症の対応方法(応急処置)

対応方法について詳しくは、環境省ホームページをご覧ください。

熱中症の対応方法(応急処置)環境省<外部リンク>

 

 

熱中症発生状況(令和元年7月1日~8月31日)(山口県ホームページより)

熱中症発生状況(周南消防管内)

年代女性男性統計割合
10代未満0人1人1人2.6%
10代6人2人8人21%
20代0人4人4人10%
30代0人3人3人7.7%
40代0人3人3人7.7%
50代0人2人2人5%
60代0人1人1人2.6%
70代4人1人5人12.8%
80代4人5人9人23%
90代3人0人3人7.7%
17人22人39人 

熱中症救急搬送人数 性別・年代別グラフ(周南消防管内)

熱中症 救急搬送人数 性別・年代別

令和元年度 熱中症救急搬送人数 性別・年代別 [PDFファイル/243KB]

 

熱中症発症の事由(周南消防管内)

事由人数割合
スポーツ6人15.3%
スポーツ観戦2人5.1%
屋外(その他)3人7.7%
屋外作業8人20.5%
屋内(その他)9人23.0%
屋内作業2人5.1%
帰宅後(散歩・農作業等)1人2.5%
作業等終了後3人7.7%
自転車走行中1人2.5%
自動車内1人2.5%
歩行中3人7.7%
39人 

熱中症 救急搬送人数 年度推移(山口県内)

山口県 熱中症救急搬送人数 推移山口県 熱中症 救急搬送人数 推移 [PDFファイル/354KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)