ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > ライフステージ > 健康・医療 > 周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例
トップページ > 分類でさがす > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康づくり > 周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例

周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例

印刷用ページを表示する更新日:2019年4月1日更新 <外部リンク>

「周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例」を制定しました

口には、食べる、話す、味を感じる、表情を豊かにするなど、生きる上で必要不可欠な役割が多くあります。
歯と口腔の健康を保つことは、虫歯や歯周病などの歯科疾患の予防だけでなく、生活習慣病やオーラルフレイルの予防にもつながり、全身の健康維持・増進に重要な役割を果たしています。

また、第2次周南市食育推進計画中間評価では、「よく噛んで味わってたべるなどの食べ方に関心があり、実践している人の割合」が小学生、中学生では改善がみられたものの、目標の80パーセントを達成することはできませんでした。
「よく噛む」ことは、虫歯や歯周病の予防や、口周りの筋肉を使うことで発音や表情をよくするなど、歯と口腔の健康づくりを推進する上では、食育の推進も大変重要です。

そこで、一人ひとりが歯と口腔の健康づくりに取組み、健康寿命の延伸を図ることを目的として、市民、行政、医療機関等それぞれの役割や施策などを定めた「周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例」を2019年4月に制定しました。

周南市民の健康を支える歯と口腔に関する条例 [PDFファイル/126KB]

 

関連サイト

食育、歯と口腔に関する取組みのページです。

 

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)