ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 雇用・事業者向け情報 > 産業振興 > 6次産業 > 農産物産地化支援事業補助金制度

農産物産地化支援事業補助金制度

印刷用ページを表示する更新日:2018年4月11日更新 <外部リンク>

周南市では、特定品目※の栽培を促進するために、下記の事業を進めています。

特定品目種苗購入費の補助

対象者

市内に住所を有し、市内にある農地において耕作をおこなっている農業者

概要

特定品目の種苗購入費を3分の1以内で補助します。
トマト、わさび、いちごに限り、500平方メートル以上栽培する場合は2分の1以内

補助要件    

ア)周南市農産物産地化支援事業補助金交付にかかる申告及び同意書の提出

イ)同一品目で200平方メートル以上栽培すること

ウ)補助事業を利用して栽培した特定品目を市内の直売所等に出荷し、出荷証明書等を提出すること

*補助対象経費に運送料等は含まない

補助金額に千円未満の端数がある時は、これを切り捨てるものとする

補助金額の上限は、同一申請者年間20万円とする。

「特定品目」の一覧

(産地特化品目)

トマト、わさび、いちご

(県重点推進野菜)
かぼちゃ、キャベツ

(周南地域振興作物)
ブロッコリー、キュウリ、枝豆、ピーマン(カラー含む)、春菊、りんどう、菊(小菊含む)

(JA奨励作物)
なす

市内直売所への出荷

補助金に係る生産物は、道の駅ソレーネ周南などの、市内直売所等への出荷が必要です。
補助金交付の手続において、市内直売所等へ出荷したことを確認できる「出荷証明書(写し)」の提出が必要になります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)