ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 都市整備・まちづくり > 都市計画・建築・造成 > 景観 > 徳山駅前ロータリーがきれいになります(美装化)

徳山駅前ロータリーがきれいになります(美装化)

印刷用ページを表示する更新日:2019年2月22日更新 <外部リンク>

概要

昭和46年4月に駅前駐車場とともに整備した徳山駅前ロータリーは、噴水や花時計などで徳山駅前の景観を彩っていました。
しかしながら、老朽化による美観の低下や、ロータリーに設置された高さ10メートルの給気塔が徳山駅前賑わい交流施設から、また、御幸通りからの眺望を阻害している等、景観上の課題を抱えています。
特に、給気塔に係る課題は、周南市景観審議会や徳山駅周辺デザイン会議でも話題に上がるなど、多くの方よりご意見頂いている状況です。

そこで、市では、徳山駅前賑わい交流施設側、御幸通り側、双方からの良好な景観を確保するとともに、徳山駅北口駅前広場と調和したシンプルな空間の創出を目指し、平成29年度は既存の給気塔の調査を、平成30年度はロータリー全体の設計を進めています。

 

整備イメージ

【整備前現況】

整備前現況。徳山駅前のl様子が写っています。

【整備イメージ(徳山駅前賑わい交流施設側から)】

整備イメージ。新しい徳山駅前の様子が写った予想図です

【整備イメージ(御幸通側から)】

徳山駅前の写真です。御幸通りから駅方面を見た写真です。
※整備イメージ図は検討中のものであり、変更する可能性があります。