ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 都市整備・まちづくり > 都市計画・建築・造成 > 建物・造成 > 租税特別措置法に基づく優良宅地・優良住宅の認定

租税特別措置法に基づく優良宅地・優良住宅の認定

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月14日更新 <外部リンク>

租税特別措置法に基づく優良宅地・優良住宅の認定制度についてのお知らせ。

優良宅地・優良住宅認定制度について

土地を譲渡したときの譲渡益課税については租税特別措置法に基づく土地譲渡益重課税制度、特定長期譲渡所得課税制度及び法人の長期保有土地等の譲渡に対する追加課税制度があります。この重課税・追加課税制度から除外または軽減措置を適用する手続きの一つとして、優良宅地・優良住宅認定制度があります。

  1. 優良宅地認定制度
    優良宅地の認定を受けることにより、課税上の特例措置として、短期所有土地譲渡益重課適用除外、特定長期譲渡所得課税適用、一般土地譲渡益重課適用除外を受けることができます。
     
  2. 優良住宅認定制度
    優良住宅の認定を受けることにより、課税上の特例措置として、短期所有土地譲渡益重課適用除外、特定長期譲渡所得課税適用、一般土地譲渡益重課適用除外を受けることができます。
     

    優良宅地認定と優良住宅認定の区分表

※税の低減措置を受ける場合はこの認定以外にも要件がありますので、詳しくは国税庁や税務署に
お問い合わせください。

優良宅地等の認定に関する規則

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)