ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 建築指導課 > 宅地造成規制法に基づく許可及び届出

宅地造成規制法に基づく許可及び届出

印刷用ページを表示する更新日:2017年12月14日更新 <外部リンク>

宅地造成等規制法の規定により、宅地造成工事規制区域(徳山地区の一部)が指定されており、当該区域内で宅地造成工事を行う場合は、所定の手続きが必要になります。

許可が必要なとき

宅地造成工事規制区域内で宅地造成工事をするとき。

手続の方法

下記の宅地造成工事を行おうとするものは、あらかじめ、許可を受けなければなりません。

  • (a)切土高さが2メートルを超える場合。
     
  • (b)盛土高さが1メートルを超える場合。
     
  • (c)盛土高さが1メートル以下で、かつ切土盛土高さが2メートルを超える場合。
     
  • (d)(a)から(c)に該当しない切土盛土で、当該切土盛土の面積が500平方メートルを超える場合。

※詳細は、下記の「宅地造成等規制法に基づく許可及び届出について」をご確認ください。

宅地造成に関する規則

申請様式 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)