ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

徳山駅南北自由通路等整備

印刷用ページを表示する更新日:2016年9月30日更新 <外部リンク>

徳山駅南北自由通路等整備

徳山駅周辺整備事業の一環として徳山駅南北自由通路等整備事業を進め、平成26年9月6日に開通しました。
この南北自由通路は、駅南北間の円滑な移動経路を確保することによる交通結節機能の強化、市街地の一体化を目的としています。
北口駅前広場と南口駅前広場を線路上空で結ぶ延長約130m、幅約8mの歩行者専用通路であり、バリアフリーに対応した明るく安全で利用しやすい施設となるよう、通路の出入口にはエレベータ及びエスカレータを整備しました。
また、JR在来線の改札口を自由通路と一体的に線路上空に移設することで、自由通路から直接改札口を通過して各ホームに降りるようになり、各ホームにはエレベータ及び上りのエスカレータを設置しました。

徳山駅南北自由通路及び橋上駅舎整備事業 経緯

平成23年1月
周南市と西日本旅客鉄道株式会社とは、「徳山駅周辺整備事業に関する基本協定」及び「徳山駅南北自由通路整備及び徳山駅橋上化工事の施行に関する協定」を締結し、事業開始

平成23年9月
工事の安全祈願祭を実施、現場着手(作業ヤードの整備、支障物の移設)

平成24年1月
作業ヤード支障建物撤去完了

平成24年1月
1号ホーム列車停止位置変更

平成24年4月
2号ホーム列車停止位置変更

平成24年6月
作業ヤードに大型クレーン設置、橋上駅舎杭打ち、施工開始

平成25年5月
橋上駅舎の通路部完成、駅構内歩行者動線変更

平成26年9月
南北自由通路及び橋上駅舎整備完了、供用開始