ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > 令和5年以降の「成人式」式典について

令和5年以降の「成人式」式典について

印刷用ページを表示する更新日:2020年6月25日更新 <外部リンク>

令和5年以降の「成人式」式典について

民法の一部改正により、令和4年(2022年)4月から成年年齢が20歳から18歳に引き下げられます。周南市の「成人式」については、従来どおり令和5年(2023年)以降も「(仮称)二十歳を祝うつどい」として、20歳を対象に開催します。

対象者を引き続き20歳とする理由

対象者を18歳とした場合
〇大学受験や進学、就職を控えた大切な時期であり、対象者の出席が困難となることが予想されます。
〇進学や就職に加え、成人式に係る費用の負担も必要となります。
〇初年度(令和5年成人式)は、18歳から20歳までの3学年の、約4,500人が対象となることから、会場
 確保をはじめ、運営面においても課題があります。
〇成年年齢が18歳に引き下げられるものの、飲酒や喫煙は20歳になるまで禁止されています。

式典開催日

1月の3連休の日曜日(成人の日の前日)を予定。
・令和3年(2021年)1月10日(日) 13時30分~15時00分
・令和4年(2022年)1月  9日(日) 13時30分~15時00分(予定)
・令和5年(2023年)1月  8日(日) 13時30分~15時00分(予定)

式典の名称

「(仮称)二十歳を祝うつどい」
式典の名称は、20歳の節目にふさわしいものを今後検討し決定します。