ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校教育課 > 周南市通学路総合安全プログラム

周南市通学路総合安全プログラム

印刷用ページを表示する更新日:2019年5月18日更新 <外部リンク>

「周南市通学路総合安全プログラム」を策定しました

文部科学省、国土交通省、警察庁の連名で通知された「通学路の交通安全の確保に向けた着実かつ効果的な取組の推進について」に基づき、関係機関の連携強化のため「周南市通学路安全推進会議」を設置しました。

平成26年12月15日に開催したこの会議において、本市の通学路安全確保の基本的方針として「周南市通学路交通安全プログラム」を策定しました。

また、平成30年5月、新潟市において、下校途中の痛ましく許しがたい事件が発生したことから、平成30年5月18日の「登下校時の子どもの安全確保に関する関係閣僚会議」において「登下校防犯プラン」がまとめられ、登下校時における子どもの安全確保のための総合的な防犯対策強化に取り組むよう通知がありました。

これを受けて、周南市では、これまでの「通学路交通安全プログラム」を改訂し、新たに防犯、防災の視点を組み入れた「通学路総合安全プログラム」を策定しました。

このプログラムに基づき、関係機関が更に連携して、児童生徒が安全に通学できるよう通学路の安全確保を図ってまいります。

「周南市通学路総合安全プログラム」

周南市通学路総合安全プログラム [PDFファイル/88KB]
 

「周南市通学路交通安全プログラム」に基づく合同点検の結果(対策案)の公表について

周南市では平成24年7月に「通学路緊急合同点検にかかる合同会議」を開催して以来、関係機関と連携して各小中学校の通学路の緊急合同点検を実施するとともに、必要な対策について関係機関で検討してきています。

今後も、この通学路の安全確保に向けた取組を継続的、効果的に実施するため、このたび、関係機関の連携体制を構築し、「周南市通学路交通安全プログラム」を策定しました。
※平成31年3月に「周南市通学路総合安全プログラム」に改訂

これを受け、平成27年7月14日に「周南市通学路通安全推進会議」を行い、市内各学校、教育委員会、道路管理者(国土交通省山口河川国道事務所、周南土木建築事務所、周南市建設部道路課など)、周南警察署、光警察署などの関係機関が、通学路の危険と思われる箇所の確認と安全対策案について協議し、学校ごとに対策箇所一覧表を作成しましたのでお知らせします。

※「周南市通学路交通安全プログラム」に基づき、令和元年度は東部(鼓南中学校区、太華中学校区、熊毛中学校区)、平成平成28年度は西部(桜田中学校区、富田中学校区、福川中学校区)、平成29年度は南部(岐陽中学校区、住吉中学校区、周陽中学校区、秋月中学校区)、平成30年度は北部(菊川中学校区、須々万中学校区、和田中学校区、鹿野中学校区)を中心に取り組んでおります。

「周南市通学路対策箇所」一覧表(令和2年3月現在)
 小学校中学校
東部
西部
南部
北部

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)