ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本市職員の追起訴について

印刷用ページを表示する更新日:2018年12月28日更新 <外部リンク>

平成30年12月10日に官製談合防止法違反等の容疑で再逮捕されていた本市職員が、12月28日に追起訴されました。
このことは、市政に対する市民の皆様の信頼を大きく損ねるものであり、心からお詫び申し上げます。
私自身、市政を預かる市長として、その責任の重さを痛感しています。
今回の事件を重く受け止め、失われた市民の皆様の信頼を取り戻すべく、原因の徹底究明を行うとともに、全職員が公務員としての自覚を持ち、法令を遵守するよう綱紀の粛正を図り、適正な事務執行を徹底してまいります。

平成30年12月28日


周南市長 木村健一郎