ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 人事・採用・募集 > 人事情報 > 「イクボス宣言」の実施について

「イクボス宣言」の実施について

印刷用ページを表示する更新日:2016年12月1日更新 <外部リンク>

県内市町で初!市長と各任命権者、管理職員がイクボス宣言をしました!

平成28年11月28日、NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事の安藤哲也さんの立会いのもと、市長をはじめ、各任命権者及び管理職がイクボス宣言をしました。

これから周南市役所は、職員のワーク・ライフ・バランスとキャリア形成を応援し、自らが仕事と私生活の充実に取り組む職場の上司「イクボス」を増やし、「働きやすく」「働きがい」のある職場づくりに取り組んでいきます。

「ワーク・ライフ・バランス」文化の創造と「働きたいまち周南市」の実現に向けて、市内の企業にもこの取り組みが広がっていくよう期待しています。

実施日

平成28年11月28日 月曜日

実施場所

周南総合庁舎さくらホール

宣言者

市長、副市長、教育長、上下水道事業管理者、モーターボート競走事業管理者、管理職

出席者

市長他管理職員 約120名

※イクボスとは、職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことを指します。
(NPO法人ファザーリング・ジャパン「イクボスプロジェクト」ホームページより)

宣言の様子(全員で「共に。」を表現)

県内市町で初!「イクボス宣言」をしました。

宣言書

宣言書