ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 人事課 > 職員紹介(建築技術)

職員紹介(建築技術)

印刷用ページを表示する更新日:2017年3月1日更新 <外部リンク>

建築技術 桐田朋枝

※掲載内容は、平成29年3月現在のものです。

現在の仕事内容

建築課で、小学校の耐震改修工事を始め、美術博物館の改修工事や水道施設の新築工事を担当しています。
具体的には、設計・積算・工事の発注・工事監理を行っています。

街のイメージを変える大きな事業に携わってみたい

現場の様子

周南市を第一希望とするきっかけになったのは、インターンシップでした。
インターンシップの際に、庁舎・駅ビルの建設、動物園のリニューアルなど今後に控える様々な大きな事業があることを知ることができました。
周南市が地元であるということもあり、これからの街のイメージを変える大きな事業が計画された周南市の建設事業に携わってみたいと思い志望しました。

市の財産である公共建築物に携わるやりがい

配色を検討中

公共建築物は市の財産であり、市民の皆さんの命を守るものなので、大きな責任を感じますが、建物が出来上がる一連の業務を担当できるので、完成した時、達成感や充実感を味わうことができます。その建物のイメージである材料の色の選定は、楽しみの一つです。また、現場に行った際には、施工方法や技術を実際に見ることができ、知識・理解を深めることができるので毎日、新しい発見があります。

必死だった1年目

現場でのひとこま

入庁時は、初めて見るものや初めて聞く専門用語が多く、外国語を聞いているみたいだと感じることがよくありました。
特に、現場に行った時にはそう感じていたので、何回も現場に足を運び、“初めて”を無くそうと一生懸命だったことを覚えています。

職場の雰囲気は・・・

先輩からアドバイス

先輩職員や上司のサポートが厚く、技術面や仕事の進め方で不安な点があっても相談しやすい雰囲気です。
自分が担当の現場では見られない施工が行われる際には、自分が担当以外の現場を見学したり、勉強会が開催されたりなど知識を広げ、共有する機会がたくさんあります。
年代は様々ですが、スポーツが好きな人が多く休日には、カッター大会に参加したり、スノーボードに行ったり、課内旅行が計画されるなど、とても明るい職場です。

まちに愛着が出る建築技術の仕事!皆さんへのメッセージ

建築技術職は、各現場で工事内容や施工方法、工事をする為の条件が違います。
新しい工事が始まるたびに、知識や経験を増やすことができる楽しい仕事です。
また、自分の暮らす街に完成する建築工事に携われるので、街に愛着が出てくると思います。皆さんと一緒にいろんなことにチャレンジしていけたらなと思います。

ある一日のスケジュール

8時30分 始業 課内でスケジュール確認
9時30分 現場で施工状況の確認、工程会議
11時00分 関係機関との打合せ
12時00分 昼休み
13時00分 設計事務所との打合せ
14時00分 図面の精査
16時30分 工事完了検査のための書類作成
17時15分 終業