ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 選挙 > 県議会議員選挙のお知らせ

県議会議員選挙のお知らせ

印刷用ページを表示する更新日:2019年3月15日更新 <外部リンク>

日程

  • 告示日 平成31年3月29日(金曜日)
  • 投票日 平成31年4月7日(日曜日)
  • 投票時間 7時~20時(一部の地域を除く)

 

選挙区および定数

周南市選挙区は、定数5人で選挙が行われます。

投票できる人

投票するためには、選挙管理委員会が作成する選挙人名簿に登録されていることが必要です。
今回の選挙で登録される人は、次のとおりです。

  • 年齢要件 平成13年4月8日までに生まれた人
  • 住所要件 平成30年12月28日までに、本市に転入届をして、引き続き本市に在住する人など

※転入や転出をした場合
・3月29日(金曜日)までに、県外に転出する人は、投票できません。
・3月30日(土曜日)から4月6日(土曜日)までに転出する人は、転出前に期日前投票ができます。
・4月7日(日曜日)に転出する人は、転出日の前日
までは期日前投票ができ、転出日の当日は転出前に、入場券に記載された投票所で投票ができます。
・平成30年12月29日以降に、県内の他の市町から本市に転入した人は、転入前の市町の選挙人名簿に登録されていれば、転入前の市町で投票ができます。
また、本市の選挙人名簿に登録されている人が、県内の他市町に転出した場合は、本市で投票ができます。
ただし、いずれの場合も、投票するためには、次の(1)
または(2)のどちらかの手続きが必要です。
(1)「引き続き県内に住所を有することの確認」を受けること

…この確認を受けようとする場合は、投票所でこの確認の申請を行ってください。
(2)「引き続き県内に住所を有する旨の証明書」を提示すること
…この証明書は、転入・転出先の市町が無料で発行しますので、事前に取得し、投票所で提示してください。本市では、市民課および各総合支所の住民票担当課で3月22日(金曜日)から発行します。ただし、各総合支所では開庁時間外の発行は行いません。

投票所入場券

投票所入場券は、3月29日(金曜日)までに郵送します。
入場券は、1人1枚です。自分の入場券であることを確認して、投票所にお持ちください。
また入場券は同じ家族の人でも、別の日に届くことがあります。
入場券が届かなかったり、紛失したりした場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。
投票所で、その旨を申し出てください。

投票所・投票時間

投票所入場券に記載しています。
投票所の変更ではありませんが、公民館などが市民センターへ移行したことにより、投票所の施設の名称が変更となっている投票所がありますので注意してください。
※市内で転居した人で、平成31年3月7日までに転居の異動を届け出た人は、転居先の投票所で投票してください。また8日以降に異動を届け出た人は、旧住所地の投票所で投票してください。

投票所・投票時間一覧はこちら

≪投票所が変わります≫

 
投票区
中央投票区市役所1階正面玄関市役所1階南側ロビー
櫛浜東投票区櫛浜児童館櫛浜保育園
平野投票区新南陽総合支所1階ロビー富田西小学校体育館
福川南投票区福川保育園市営西桝住宅集会所

≪投票時間が変わります≫

 
投票区
松室投票区7時から18時まで8時から16時まで

 

投票時の注意

投票用紙に候補者の氏名のほかに余分なことを記入すると、その投票は無効になることがありますので注意してください。

代理投票

体が不自由などの理由で、文字が書けない人は投票所で申し出てください。投票所の補助員が代筆します。なお、投票の秘密は固く守られます。

点字投票

目が不自由なため、点字で投票したい人は、投票所で申し出てください。点字投票用紙を交付します。

期日前投票

投票日に仕事や旅行、冠婚葬祭など予定がある人は、選挙管理委員会が設置する期日前投票所で期日前投票ができます。期日前投票所で必要な宣誓書を、投票所入場券の裏面に印刷していますので、あらかじめ自宅などで記入することができます。また、ダウンロードして記入することもできます。

「宣誓書」はこちら [PDFファイル/100KB]

場所・期間及び時間

 

場所期間及び時間

周南市役所本庁舎1階多目的室 地図<外部リンク>

3月30日(土曜日)~4月6日(土曜日)
8時30分~20時

新南陽総合支所(イオンタウン周南内) 地図<外部リンク>

ゆめプラザ熊毛 地図<外部リンク>

鹿野総合支所 地図<外部リンク>

持っていくもの

投票所入場券
※入場券が届いていない場合や紛失した場合でも、選挙人名簿に登録されていれば投票できます。

不在者投票

次の理由で、投票日の投票や期日前投票ができない人は、不在者投票ができます。

投票の方法

・不在者投票ができる指定施設や病院に入所・入院中の場合(市外も含む)

指定施設、病院に申し出ると、そこで不在者投票ができます。
周南市内の指定施設・病院一覧

・長期出張や里帰りなどで他市区町村に滞在し、投票に帰ってこられない場合

本人が、選挙管理委員会に投票用紙の請求をすることができます。
請求があったときは、直接滞在先に投票用紙と必要書類を郵送しますので、滞在先の選挙管理委員会で投票してください。
郵便のやりとりに日数がかかりますので、お早めに請求してください。
1.「投票用紙等」の請求
「不在者投票宣誓書兼請求書」に必要事項を記入し、周南市選挙管理委員会(〒745-8655 周南市岐山通1丁目1番地)あてに郵便で請求してください。ファックスや電子メールでの請求はできません。

「不在者投票宣誓書兼請求書」はこちら [PDFファイル/140KB]

2.投票用紙の交付
周南市選挙管理委員会から「投票用紙等」を「不在者投票宣誓書兼請求書」に記載された滞在先の住所に送ります。
3.不在者投票
周南市選挙管理委員会から送られてきた「投票用紙等」の入った封筒を持って、滞在先の選挙管理委員会へ行き、そこで投票してください。
※選挙管理委員会以外の場所で投票用紙に記入すると無効となりますので注意してください。
※送付した封筒の中には、開封してはいけない封筒がありますので注意してください。(開封厳禁と表示しています。)
4.「投票用紙等」の返送
投票した滞在先の選挙管理委員会から、周南市選挙管理委員会に「投票用紙等」が郵送されます。

・重度の身体障害者または介護保険の要介護5で自宅療養中などの場合

身体障害者手帳または戦傷病者手帳を持ち、その障害の程度が一定の要件にあてはまる人や介護保険の被保険者証を持ち、要介護5の認定を受けている人には、「郵便等投票証明書」を交付します。証明書の交付を受けている人は、4月3日(水曜日)までに投票用紙などを請求すると、自宅で投票し、郵送できます。また、代理記載制度もあります。
詳しくは、選挙管理委員会に問い合わせてください。

投票期間

3月30日(土曜日)から4月6日(土曜日)まで

選挙公報

候補者の氏名や経歴、政見などを掲載した選挙公報を配布します。
 

配布方法

各戸配布、または新聞折込による方法で配布します。
それぞれの配布方法別選挙公報配布地域は、下記をご覧ください。

配布方法別選挙公報配布地域はこちら

※新聞折込地域に住んでいる人で、新聞5紙(朝日、読売、毎日、中国、日本経済)のいずれも購読していない人は、郵送しますので、電話、ファックスなどで選挙管理委員会事務局に申し込んでください。申し込みは初回のみで、以後の選挙については、継続して郵送します。
選挙公報は周南市役所本庁舎、各総合支所、各市民センターなどにも置いてあります。

開票

開票は、4月7日(日曜日)21時15分から、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで行います。

関連サイト

後日掲載予定

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)