ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 市政運営 > 選挙 > 選挙管理委員会の組織、事業

選挙管理委員会の組織、事業

印刷用ページを表示する更新日:2017年5月10日更新 <外部リンク>

周南市選挙管理委員会は、公正な選挙を行うため、周南市長から独立した機関として設置されており、周南市議会で選挙によって選ばれた4人の委員により構成されています。

また、周南市選挙管理委員会の職務を補助執行するために、周南市選挙管理委員会事務局が置かれています。

選挙管理委員会

4人の委員で組織する合議制の執行機関で、事務局を指揮監督し、委員会に関する事務を執行します。任期は、4年です。

委員

委員長

伊藤 禎亮(いとう ていすけ)

委員長代理

萩原 宗夫(はぎはら むねお)

松永 勝芳(まつなが かつよし)

亀谷 三千代(かめがい みちよ)

事務局

事務局長以下4名の職員が委員長の命を受け、委員会に関する事務を処理します。

事業内容

  • 公職選挙法に定める各種選挙の執行管理に関すること
    衆議院議員選挙・参議院議員選挙・県知事選挙・県議会議員選挙・市長選挙・市議会議員選挙
  • その他の法律に定める各種選挙等の執行管理に関すること
    最高裁判所裁判官国民審査・海区漁業調整委員会委員選挙・土地改良区総代選挙
  • 永久選挙人名簿の調製に関すること
  • 在外選挙人名簿の調製に関すること
  • 海区漁業調製委員会委員選挙人名簿の調製に関すること
  • 選挙啓発に関すること
  • 検察審査員候補者の選定に関すること
  • 裁判員候補者の選定に関すること
  • 直接請求に関すること