ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 分類でさがす > くらし・手続き > 防災・消防 > 避難所・ハザードマップ > 防災気象情報が、5段階の警戒レベルを用いる方法に変わりました

防災気象情報が、5段階の警戒レベルを用いる方法に変わりました

印刷用ページを表示する更新日:2019年6月14日更新 <外部リンク>

防災気象情報が5段階(警戒レベル)に変わりました

市では、これまで気象状況により【避難準備・高齢者避難開始】【避難勧告】【避難指示】の3種類の情報を発令していましたが、今後、気象庁と市から、以下の5段階に整理され発表されます。

自らの命を守るため、早めの避難を心がけましょう。

警戒レベルと内容

警戒レベルと内容
警戒レベル内容
警戒レベル1災害への心構えを高めましょう。気象庁が発表します
警戒レベル2避難場所や避難経路、避難のタイミング等を確認しましょう。気象庁が発表します
警戒レベル3避難に時間を要する人は避難(高齢者、障害者、乳幼児など)
警戒レベル4速やかに避難先に避難(全員避難)
警戒レベル5既に災害が発生しています

詳しくはチラシや県のページを参照してください

警戒レベルチラシ [PDFファイル/543KB]

県防災危機管理課 https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a10900/a10900bousai/201905170001.html<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)